お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

東京ドームテーブルウェアフェスティバル2017のチケットと楽しみ方

東京ドームテーブルウェアフェスティバル2017は、食卓のトータルコーディネートについてヒントを教えてくれるイベントです。

食卓は毎日見るもの。

少し意識して整えるだけで、部屋の中の雰囲気がぐっと変わるんです。

ちょっとセンスのあるインテリアにしたいという人や、トータルコーディネートに興味があるという人は、ぜひ参加してみてください。

スポンサーリンク


テーブルウェアフェスティバルってどんなイベント?


食卓には、テーブルクロスや食器、花瓶など以外にも様々なものが載せられていますよね。

気に入った食器やクロスを使うのももちろんいいですが、色味や素材を意識してそろえれば、見栄えはぐっと良くなります。

また、お客さんが来た時など、いつもと違うシーンの時には、よりセンスのいいおもてなし空間を用意しておきたいものです。

テーブルウェアフェスティバルは、そんな調和のとれた食卓を創造するヒントを与えてくれるイベントです。

著名人によるテーブルセッティング講座や、アイディアとセンスに満ちた食器の紹介など、インテリアに興味のある方なら見て歩くだけで楽しくなれるブースが目白押しです。

アクセスと開催期間・チケット情報


2017年のテーブルウェアフェスティバルは、1月29日(日)から2月6日(月)の、約1週間開催されます。

開催時間は10時から19時までですが、入場できるのは18時までです。

また、初日の1月29日のみ、1時間開場が遅れ、11時からになっています。

会場は東京ドームです。


最寄り駅は、JR中央線、総武線、都営三田線の「水道橋駅」や東京メトロ丸の内線、南北線の「後楽園駅」、都営大江戸線、三田線の「春日駅」です。

車を利用する場合は、首都高速の「飯田橋」、「西神田」ランプで降りましょう。

そこから秋葉原方面へ進めば、東京ドームシティにつきます。

東京ドームシティには三か所駐車場が用意されているので、車でアクセスする場合はそちらを利用しましょう。

いずれの駐車場を利用した場合でも、30分400円の駐車料金が発生します。

テーブルウェアフェスティバルの入場料は、中学生以上が一律で2100円です。

小学生以下は無料で入場できますが、大人と一緒に入場する必要があります。

ただし、前売り券は1800円で購入することができるので、確実に参加するという方はぜひとも前売り券を手に入れておきましょう。

前売り券は公式ホームページで購入することができます。

テーブルウェアフェスティバル 公式ホームページ

スポンサーリンク


テーブルウェアフェスティバルの楽しみ方


暮らしを少しだけ豊かにしたり、センスのあるインテリアを勉強できたりと、一日中いても飽きることなく楽しめるテーブルウェアフェスティバル。

展示されているコーディネートを見たり、セミナーに参加してみたりと、思い思いの楽しみ方ができます。



中でも注目は物産展ですね。

一流ブランドから個性的な窯元のものまで、旅行でもしない限りなかなか手に入らない食器が一堂に会します。

有田焼や信楽焼など日本を代表する焼き物や、沖縄や海外から選りすぐられた食器など、見たり手に取ったりするだけで楽しめるほどです。

もちろん食器だけでなく、テーブルクロスやテーブルの上をにぎやかにする置物を置いているお店もあります。

店舗によっては配送サービスもしてくれますので、これぞと思った商品に出会ったときは、遠慮せずに手に入れましょう。

まとめ

2017年で23回目を迎えるこのイベントは、連日大にぎわいの注目度が高いイベントです。

実際に著名人のコーディネートを間近に見ることができる機会はほとんどありません。

ぜひ参考にして、ご自宅のコーディネートに生かしてくださいね。

注意すべきは会場の広さ

思いのほか広く、駆け足で見て回っても三時間はかかります。

そのため、会場内をくまなく見て回りたいという人は歩きやすい靴で参加したほうがよさそうです。

また、配送サービスをしてくれるお店ばかりとは限りませんので、できるだけ荷物を少なくしてアクセスするようにしましょう。


スポンサーリンク


-イベント
-, , , ,