お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

層雲峡氷瀑まつり2017のアクセスと花火の時間は?おすすめホテル

氷瀑をご覧になったことはありますか?

文字通り凍り付いた滝で、日本ではごく一部の地域でしか見られません。

層雲峡氷瀑まつりは、そんな氷瀑をテーマにしたお祭りです。

2017年の冬は、そんな自然の奇跡ともいえる光景を楽しみませんか?

今回は層雲峡氷瀑まつりをご案内します。

スポンサーリンク


層雲峡氷瀑まつりとはどんなイベント?


層雲峡は北海道中部にある峡谷で、北海道を代表する温泉地帯です。

石狩川が作り出した光景はとても雄大なもので、夏も冬もここでしか見ることができない魅力であふれています。

そんな層雲峡の冬の絶景は、雪と氷の世界となった峡谷です。

そんな美しい世界を体感してもらおうと40年以上前に始まった層雲峡氷瀑まつりは、北海道三大雪まつりの一つに数えられることからもわかるように、北海道を代表するお祭りでもあります。

お祭りの名前にもなっている氷瀑はもちろん、氷や雪の像や建造物が会場を彩ります。

夜にはそれらがライトアップされるほか、鮮やかな花火も打ち上げられるんですよ。

北海道の冬は寒いというネガティブなイメージがありますが、そんなマイナスイメージを打ち破って余りある光景が楽しめるお祭りです。

会場へのアクセスと開催日程・駐車場情報


2017年の層雲峡氷瀑まつりは、1月25日(水)から3月20日(月)まで開催される予定です。

会場は層雲峡にある温泉街の一帯で、JR北海道石北本線「上川駅」が最寄り駅です。


駅からさらに層雲峡ゆきのバスを利用しましょう。

30分ほど揺られれば温泉街まで行くことができます。

また、最寄りのインターチェンジは旭川紋別自動車道「上川層雲峡」インターチェンジですので、車でアクセスする場合はこちらを利用しましょう。

国道39号線を25キロほど進めば会場にたどり着けます。

会場には無料で利用できる駐車場があるので、駐車スペースについて悩む必要はなさそうです。

スポンサーリンク


層雲峡氷瀑まつりの見どころは?


氷瀑まつりの見どころは、夜のライトアップです。

日中よりも冷えるものの、ライトアップされた神秘的な光景は何物にも勝るといっていいでしょう。



ライトアップが始まるのは日没ごろ。

また、終了は22時ごろになっています。

ライトアップに使われるライトは虹のような七色をしていて、それらが氷像や地面に反射して不思議な光景を作り出しています。

特に緑や青の光は、まるでオーロラのような美しさ。

また、氷の柱、舞い散る雪、そして氷瀑が昼間とは全く違う表情をしているのにも注目しましょう。

また、土日の20時30分からは花火も打ち上げられます。

花火とライトアップの競演もぜひ目に収めたいところです。

花火の打ち上げ時間とおすすめ観覧ホテル


休日にアクセスすることができるのであれば、ぜひとも花火の打ち上げを見ていただきたいのですが、実は花火の鑑賞方法は二パターンあります。

一つは単純に打ち上げ時間である20時30分ごろに会場で待機しておくパターン。

間近で打ちあがるダイナミックな花火を見ることができます。

しかし、氷像と花火の競演を楽しみたい場合は、少し離れた場所から見るのもいいかもしれません。

これが二つ目のパターン、ホテルから見るという選択肢です。

会場は温泉街のすぐそばなので、ホテルによっては室内に居ながらにして花火を見ることができるんですよ。

花火を見ることができるホテルはいくつかありますが、中でもおすすめが「ホテル大雪」です。


温泉は3種類、大浴場から会場が見える好立地です。

料理も好みに合わせて選ぶことができますし、量・質ともに申し分ありません。

札幌や旭川への送迎バスも無料で利用できますので、アクセス面の心配もほとんどありません。

ただ、客室内で花火を見ることができるのは「峡谷側」のお部屋だけのようです。

予約時に確認しておきましょう。

まとめ

冬季にはイルミネーションが全国的に行われることもあり、「明かり」を利用するイベントが多い印象ですが、層雲峡氷瀑まつりは「ライトアップ」と「花火」という、二種類の明かりを同時に楽しむことができるという少し変わったお祭りなんですね。

ただ、寒いうちに行かないと氷が溶けてしまっていることがあります。

3月末まで開催されているものの、できるだけ早い時期にアクセスしたほうがいいでしょう。

また、最初にも触れましたが、層雲峡は北海道を代表する自然の絶景の宝庫です。

春夏秋冬それぞれ違った面を見せてくれますので、冬の観光だけで満足するのはもったいないかもしれません。

魅力に取りつかれたのなら、ほかの季節にも訪れてみることをおすすめします。


スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , , ,