お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

記念日

ニットの日とは?ニットの日に開催されるイベントは?

2月10日は「ニットの日」です。

あなたにとって「ニット」とはどんなものですか?

着ればふんわりと温かく、実用的でありながら毎年人気なファッションの味方でしょうか。

それとも、大切な人に編むものでしょうか。

寒い日が続くさなかの記念日ですが、ニットがわたしたちにくれる幸せをこの日をとおして考えていきましょう。

スポンサーリンク


ニットの日とは?

image001
2月10日は2=ニッ、10=トのごろ合わせで「ニットの日」なんです。

きっかけは1988年のこと。

神奈川県の手編み教室、「横浜手作りニット友の会」によって提唱されたのが始まりです。

当時はローカルな記念日でしたが、1994年に「日本ニット工業組合連合会」が記念日にしたことで、全国的に知られるようになりました。

ニット(knit)は英語の動詞で、「編む」という意味があります。

文字通り毛糸で編みあげたもの全般を指すので、広義ではカットソーやジャージもニットの一種です。

最大の特徴は伸縮性で、縦にも横にもふんわりと伸ばすことができます。

現在ではセーターやマフラー、帽子など多くの衣類でニットが用いられています。

特に寒い冬の時期にはあらゆる場面で活躍する、わたしたちの生活に切っても切り離せないものだといえそうですね。

スポンサーリンク


ニットの日に行われるイベント GOSEN KNIT Fes

image003
もともとは手編みクラブが提唱したことがきっかけのニットの日。

しかし、現在ニットの日をお祝いしているのは編み物教室だけではありません。

繊維業界もまた、ニットの日を大々的にお祝いします。

そんなニットの日のイベントの中でも特に注目したいのが、新潟県の五泉市で開催される「GOSEN KNIT Fes」です。



五泉市は昔から、刺繍や染め物などの衣類加工が盛んな地域でした。

もちろんニットの生産もお手の物です。

そんな五泉市の魅力をニットの日を通じて知ってもらおうというのが、GOSEN KNIT Fesのあらましです。

2016年のGOSEN KNIT Fesでは、2月8日から14日の開催期間中に、普段は見ることができないニット工場の見学や、ニット製品を特別価格で購入できるフェア、写真コンテストなどが実施されました。

2月10日のニットの日当日には、たくさんの人がニット製品を身に着ける、ニットの日にふさわしい光景を見ることができたんですよ。

2017年に実施されるかどうかは今のところ発表されていませんが、もし実施されるのならぜひとも参加したい、非常に魅力あるイベントです。

まとめ

普段は何気なく使っているニット製品ですが、そんな身近なものにも記念日があるというのは、なんとなく意外ですよね。

便利で温かいニットの重要性を再確認する日にもなりそうです。

また、毛糸などは手芸店で簡単に手に入れることができるので、ニットの日を迎えるついでに、なにか作ってみるのもよさそうです。

セーターはやや大変ですが、編み物初心者さんでもマフラーや手袋程度なら簡単に制作することができます。

2月なのでまだまだ活躍する機会があるはず。

自分で使うもののほかに、大切な人に贈るものを作ってみるのもいいかもしれませんね。

寒い日が続きますが、ニットの力を借りて寒さを乗り切っていきましょう。


スポンサーリンク


-記念日
-, , ,