お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

病気

花粉症の症状で咳が出る原因は?風邪の咳との違いや対策は?

寒さがだんだん収まり、春めいてくると同時に、花粉症の季節が到来します。

花粉症といえば鼻水や目のかゆみといった症状がすぐに浮かびますが、中には咳が出るという症状に苦しむ人もいます。

そこで今回は花粉症の咳について、風邪の咳との見分け方や咳の止め方など、気になる情報をお伝えします。

スポンサーリンク


花粉症の症状で咳が出る原因は?

image001
花粉症が原因で咳が出る場合は、ほかの多くの症状と同じく、花粉に対するアレルギー反応が原因であると考えられています。

体の中に取り込まれた花粉は、通常鼻やのどの浅い部分といった、比較的外部に近い場所に付着します。

この時にアレルギー反応が起こると、鼻水やくしゃみを出して花粉を排出しようとする作用が起きます。

これが花粉症の症状が起こる原理です。

咳の場合も原理は全く同じです。

ただ、違うのは炎症が起こる場所。

咳が生じるアレルギー反応はのどの奥、気管支周辺で起こることが多いのです。

花粉症の咳と風邪の咳の違いと見分け方は?

image003
咳の症状が出るときは、しばしば花粉症が原因なのか風邪が原因なのか分かりづらいことがあります。

というのも、花粉症と風邪はどちらもくしゃみや鼻水を伴うといった特徴が共通しているからです。

のどの痛みという症状も、咳が長く続けば風邪にかかっていないに関わらず生じることがあるようです。

また、アレルギー反応によって熱が出る人もいるので、発熱があるからと言って風邪だと判断するのは早計かもしれません。

ただ、症状が共通するからと言って全く同じ症状が出るというわけではないということに注目しましょう。

実は風邪の症状と花粉症の症状は、似てはいるものの少し違っているということも多いんです。

わかりやすいのが鼻水の症状です。

花粉症で出る鼻水はさらさらしていて無色ですが、風邪の場合はどろっとしていて黄色っぽい部分があります。

また、のどの痛みも少し違います。

風邪の症状で傷んでいるときは、つばや水を飲みこんだだけでも傷むことがありますが、花粉症ではそんなことは起こらないようです。

痛いというよりも違和感があるといった表現がふさわしく、不快感を伴います。

また、通常風邪の症状に「目のかゆみ」といったものはありません。

のどの痛みや咳と一緒に、目もかゆくなるという人は、花粉症の疑いが大きそうです。

いかがでしたか?

ここまで読んで、風邪だと思われる場合は内科へ、花粉症だと思われる場合は耳鼻科へ相談してみてくださいね。

スポンサーリンク


花粉症の症状の咳の対策は?

image005
花粉症で咳の症状が出るという人は、花粉症だからと言って楽観せず、早めに医療機関に相談したほうがよさそうです。

というのも、咳が長く続けばのどや気管支の粘膜にダメージが蓄積され、ぜんそくなど思わぬ病気を招くことがあるんです。

また、症状を少しでも改善するために、のどの乾燥を防止するとよさそうです。

加湿器を入れたりマスクをつけるなどすれば、吸い込む空気がよりしっとりとしたものになってくれますし、こまめな水分補給やのど飴を食べるのも効果的です。

まとめ

年々患者数が増加し、多くの人が苦しんでいる花粉症

一度かかったら完治させるのは難しいと考えられているので、気を長くして付き合っていく必要がある厄介な病気でもあります。

ただ、毎年だいたい症状が出始める時期が同じというのが花粉症の大きな特徴です。

この特徴を逆手に取り、毎年症状が出る少し前に薬を服用するなどしておくと、そのシーズンの症状が軽くなることがあるようです。

悩んだり憂鬱になったりする前に、まずは医療機関で相談してみてくださいね。


スポンサーリンク


-病気
-,