お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

余呉湖ワカサギ釣り2017の時期は?釣具のレンタルと必要な道具は?

2016/11/26

滋賀県余呉湖ワカサギ釣りで有名な湖です。

今年度も、11月19日から本格的なワカサギ釣りが開始しました。

2017年の冬はワカサギ釣りにチャレンジしてみませんか?

今回は余呉湖のワカサギ釣りの参加方法や、アクセス情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


余呉湖へのアクセスとおすすめの釣り場は?

image001
余呉湖は滋賀県の長浜市にあります。

昔は有名な琵琶湖とは同一の湖だったと考えられていて、今でもすぐ南に琵琶湖があります。

最寄り駅はJR北陸本線の「余呉湖駅」で、南に10分ほどのところにあります。


車でアクセスする場合は北陸自動車道の「木之本」インターチェンジで国道365号線に接続しましょう。

北へ約5キロで余呉湖です。

ワカサギ釣りというと、氷に丸い穴をあけてそこから糸を垂らして釣りをするイメージがあるかもしれませんが、余呉湖ではまた違った釣り方をします。

というのも、湖の上に氷が張ることがほとんどないんです。

そのため、普通の釣りと同じく、桟橋から釣り上げるんですね。



余呉湖にある釣り用の桟橋は二か所、「川並桟橋」と「江土桟橋」です。

もちろんワカサギにはワカサギの都合があるので、絶対にココ!という釣り場はありませんが、どちらかといえば「川並桟橋」のほうが釣りやすいかもしれません。

というのも、川並桟橋は江土桟橋と比べ大型の駐車場が近くにあったり、スペース的にも広かったりと、釣り人が集まりやすい桟橋なんです。

釣り人がたくさんいると、餌につられてワカサギが集まりやすいんです。

そのため、どちらかといえば川並桟橋のほうがおすすめです。

余呉湖でワカサギ釣りができる時期と時間は?

image003
2016年の冬は、11月19日からワカサギ釣りが解禁になっています。

終了日は2017年の3月31日(金)ですので、気になっている方はそれまでにチャレンジするようにしてください。

また、期間中はどの日でも朝の6時から17時まで釣りが許可されています。

なぜ年中釣りができないのかというと、捕り過ぎによってワカサギが少なくなってしまう恐れがあるからなんです。

なので、定められた時間を必ず守るようにしてくださいね。

また、ワカサギは2月に抱卵するようになりますので、子持ちのおいしいワカサギを釣りたいのなら、2月いっぱいがおすすめです。

スポンサーリンク


釣具のレンタルはできるの?他に必要な道具は?

image005
普段釣りをたしなんでいないという人は、釣具のレンタルを利用しましょう。

ビジターセンターや余呉湖観光館で問い合わせれば貸し出してもらえます。

もちろん借りるのではなく購入することもできますし、餌や仕掛けといった細かいものも販売しているので、手ぶらでアクセスしても十分楽しむことができます。

ただ、寒い屋外で長時間粘ることになるので、防寒具をきっちり着ていたとしても使い捨てカイロはほぼ必須です。

できれば座って釣りをしたほうがいいので、持ち運べる椅子も持っていきましょう。

釣ったワカサギを入れるために、クーラーボックスもあると便利です。

ハサミやビニール袋、ウエットティッシュなどもあると大変重宝します。

まとめ

たくさんの人が利用する余呉湖。

お互い気持ちよく使うためには、マナーや決まりをしっかりと守る必要があります。

例えば、寒いからといって練炭などをつかってはいけません。

生きのいいワカサギがたくさん釣れても、その場で調理をすることはNGです。

ほかにも細かい規則はたくさんあります。

特に初めての方は公式ホームページをちゃんと読んで、失敗の無いようにしてくださいね。

また、長時間じっと座ることになるので、寒さ対策はしっかりとすべきです。

スキーウェアなんかがあれば大変便利です。

耳や指先といった体の先端は特に冷えないようにしてください。

寒がりさんは2016年から導入された「ドーム船」に乗るのもおすすめです。

室内は暖房が効いているので、寒くなったらすぐに避難することができるんですね。

ただし定員が少ないので、乗りたい場合は早めに受付をするようにしてください。


スポンサーリンク


-イベント
-, , , ,