お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イルミネーション

ラグーナイルミネーション2016‐2017の料金と点灯時間は?

ラグーナテンボスは愛知県を代表する複合施設です。

一年を通してさまざまなイベントを楽しむことができますが、冬のラグーナイルミネーションは必見です。

2016‐2017年はぜひとも県内外で話題のラグーナイルミネーションを楽しみに行きましょう。

今回は、2016‐2017年冬のラグーナイルミネーションについて解説していきます。

スポンサーリンク


ラグーナイルミネーションの開催期間とライトアップ時間・料金は?

image001
ラグーナイルミネーションは、2016年の11月3日(木・祝)から2017年の3月31日(金)まで、およそ5か月もの間楽しむことができます。

イルミネーションは毎日日没後から閉園時間まで点灯しています。

非常に評価が高いイルミネーションなので、時間をおいて二回、三回と楽しみに行くのもいいかもしれませんね。



ラグーナテンボスはおおきく分けて「ラグナシア」、「フェスティバルマーケット」、「ラグーナビーチ」の三種類の施設があります。

大半のイルミネーションは「ラグナシア」で楽しむことができます。

イルミネーションが開催される「ラグナシア」は、遊園地のようにいろんなアトラクションやエンターテイメントが楽しめる施設です。

そのため、入場するには入場料が必要になります。

といってもどのように楽しむかによって購入すべき入場券が変わってきます。

単純にイルミネーションだけを楽しみたいのであれば、「入園券」を購入しましょう。

料金は中学生以上で2150円、小学生で1200円、3歳以上で700円です。

大半のエンターテイメントは、こちらだけで楽しむことができます。

ただ、いくつかのアトラクションは別途に料金がかかります。

どうせならイルミネーションもアトラクションも心行くまで楽しみたい、という人は「ナイトパスポート」を利用しましょう。

この場合は、上記の入園料にプラス1300円の料金を払う必要があります。

お得なナイトパスポートですが、販売は16時以降からです。

そのため、朝から晩まで一日中ラグナシアで遊びたいという人は、「パスポート」を購入するようにしてください。

中学生以上は4100円、小学生は3000円、3歳以上は2250円と少し割高ですが、こちらを購入するだけで一日中ラグナシアで遊び倒すことができます。

アクセスと駐車場・混雑情報

image003
ラグーナテンボスの最寄り駅は、JR東海道本線の「三河大塚駅」です。


ここから路線バスを利用すれば10分ほどでラグーナテンボスにアクセスすることができます。

しかし、路線バスはもちろん運賃がかかります。

お得にアクセスするのであれば、ひとつ前の駅である「蒲郡駅」で下車し、ラグーナテンボスが用意する無料のシャトルバスを利用したほうがいいでしょう。

夜でも30分おきに駅とラグーナテンボスをつないでくれているので、帰りの便を心配する必要もありません。

車を利用する場合は、東名自動車道の「音羽蒲郡」インターチェンジもしくは「豊川」インターチェンジが最寄りのインターチェンジになります。

どちらを利用した場合も、およそ30分でラグーナテンボスまでアクセスすることができます。

車を利用してアクセスする場合、重要になってくるのは駐車場ですよね。

大型複合施設だけあって、ラグーナテンボスには駐車スペースがいっぱいあります。

ただ、主な施設である「ラグナシア」、「フェスティバルマーケット」、「ラグーナビーチ」だけでも収容台数や料金が変わってきますし、さらに臨時駐車場も用意されています。

どの駐車場がお得であるかは、どのようにラグーナテンボスを利用するかによって変わってきます。

例えば「フェスティバルマーケット」で買い物をするのであれば、購入金額によって割引を受けることができる「フェスティバルマーケット」の駐車場がお得です。

もちろん混雑時においては、狙っている駐車場を利用できない可能性もあります。

予定を組むとき、幾通りか考えてからアクセスするとスムーズにいきそうです。

ラグーナイルミネーションは、愛知県だけでなく全国的にも非常に評価が高いイルミネーションです。

そのため、特に12月いっぱいは非常に混雑しますので、できれば12月や土日は外してアクセスしたほうがいいでしょう。


スポンサーリンク


ラグーナイルミネーションの見どころ イルミネーションとマッピング

image005
ラグーナイルミネーションの最大の見どころは、お花とイルミネーションのコラボである「フラワーイルミネーション ジュエルガーデン」でしょう。

四季折々のお花を楽しめる「フラワーラグーン」内で開催されるイルミネーションで、水中から差し込む幻想的な光がお花を照らし出します。

また、「ゼロフィス広場」で展開されるプロジェクションマッピング「ネージュ」も必見です。



なんと360度すべての面でプロジェクションマッピングが投影される、日本で初めての試みがなされるんです。

ストーリーもポップでかわいらしく、メルヘンチックな気持ちになれるかも。

基本的に毎日開催されますが、日によって多少開催時間が前後するので、アクセスする前に公式ホームページで確認しておいたほうがよさそうです。

ラグーナテンボス 公式ホームページ

まとめ

ラグーナテンボスは、何度か書いている通り大型複合施設です。

つまり、イルミネーションだけでなく様々な楽しみ方ができるというのも大きな魅力なんです。

イルミネーションのメイン会場であるラグナシアのアトラクションはもちろん、「ラグーナの湯」で温泉に入ることもできますし、「タラソラグーナ」でタラソテラピーを受けることもできます。

無論「フェスティバルマーケット」で買い物を楽しむことだってできますし、一日では遊びきれないという人は「ホテルラグーナ」で宿泊することだってできるんです。

これだけ至れり尽くせりだと、イルミネーションだけ見に行くのはすこしもったいないかも。

時間があるのであれば、いろんな施設で楽しんでみてくださいね。


スポンサーリンク


-イルミネーション
-, , , , , ,