お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

高知県秋葉祭り2017のアクセスと日程は?見どころは鳥毛ひねり

高知県仁淀川町の秋葉祭りは、土佐三大祭りにも数えられるほどにぎやかな高知県を代表するお祭りです。

2017年はいつ開催されるのでしょうか。

また、最大の見どころはどのようなものなのでしょう。

今回は、そんな2017年度の秋葉祭りをご案内します。

スポンサーリンク


高知県秋葉祭りとは?

image001
秋葉祭りはその名のとおり、仁淀川町(によどがわちょう)にある秋葉神社のお祭りです。

秋葉神社」自体は全国に多く見られる神社で、主に火の事故を防ぐご利益があると考えられています。

総本社は静岡県にある「秋葉山本宮秋葉神社」で、仁淀川町の秋葉神社もこの神社から移ってきた神様を祀っています。

ただ、当初神様がいらっしゃったのは「岩屋神社」という別の神社でした。

現在の場所に祀られるようになったのは、200年ほど前のことだったといわれています。

しかし、岩屋神社と神様のつながりが完全に切れてしまったわけではなく、年に一度だけ神様は岩屋神社にお戻りになり、翌日地元の旧家「市川家」にやってきます。

さらに次の日、秋葉神社に帰ってきます。

その秋葉神社に帰ってくる日に、秋葉祭りが開催されるというわけなんですね。

開催日程と会場へのアクセス情報

image003
秋葉祭りは、毎年建国記念日の日である2月11日に開催されます。

2017年は土曜日にあたります。

秋葉祭りは、ご神体が秋葉神社にお戻りになる一連の道中を華やかな行列が彩るというお祭りです。

そのため、時刻によって会場は異なります。

以下に例年の流れを表にまとめました。

もちろん実際のお祭りでは多少前後するかもしれませんが、参考にしてみてください。

行列の到着時刻場所備考
9時岩屋神社
9時30分市川家鳥毛ひねりが行われます。
11時大石家鳥毛ひねりが行われます。
11時30分法泉寺休憩が入るのでしばらくここにとどまります。
14時中越家付近鳥毛ひねりが行われます。
15時秋葉神社神楽や鳥毛ひねりが行われます。

仁淀川町には電車駅がありませんので、公共交通機関を利用してアクセスする場合はバスを利用する必要があります。

JR土讃線「佐川駅」から出ている「黒岩観光バス」を利用するようにしましょう。5


50分ほどで到着する「秋葉口」という停留所で降りた後、しばらく歩けば会場につきます。

車でアクセスする場合は、国道33号線を利用するのが便利です。

高知市から出発するとすれば、まずは佐川町までひたすら西へ進み、そこから北へ進んでください。

高知市内からはおよそ90分で、仁淀川町に到着します。

行列を伴うお祭りであるため、どうしても交通規制が行われます。

必ず最新の情報をもとに運転するようにしてください。

観光バスと自家用車は入ることができる道路が違うので、標識をしっかりと見て進みましょう。

会場付近にいくつか駐車場が点在しているので、車はそちらに止めるようにしてください。

スポンサーリンク


高知県秋葉祭りの見どころは?

image005
上記の表のとおり、秋葉祭りの行列はただ目的地に進むだけでなく、要所要所でさまざまな出し物を見せてくれます。

なかでもダイナミックな「鳥毛ひねり」は一番の見どころです。



鳥毛とは「鳥毛棒」のことで、7メートルほどの細い棒の先端に、鶏のしっぽのようなふさふさした羽毛がついているものです。

ヒノキでできた棒は10キロほどもあり、支えているだけでも大変ですが、鳥毛ひねりでは美しく投げたり受け止めたりしなくてはなりません。

特に狭い場所では細心の注意が必要になるため、成功したときにはどよめきと拍手が起こります。

まとめ

秋葉祭りの主役は、「沢渡」、「霧の窪」、「本村」の三つの集落を代表する人々と、神社の関係者たちです。

彼らがご神体を担ぎ、道中を練り歩きながら華麗な出し物を演じているというわけなんです。

一口に祭りの主役といっても、身に着ける衣装や持っている小物などは所属する場所によって異なります。

道中追いかけながら、各団体の違いを探してみるのも面白そうです。

一つ注意しなくてはならないのは、秋葉祭りの寒さです。

高知県は南国のイメージがありますが、さすがに2月初旬は冷え込みます。

年によっては雪が残っていたこともあるくらいですので、楽観せず温かい格好で臨んでくださいね。


スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , ,