お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

年中行事 祭り 節分

吉田神社節分祭2017のアクセスと時間は?福豆くじの抽選はいつ?

2月3日は節分です。

京都市にある吉田神社は、節分行事「節分祭」で有名です。

今回は、2017年に行われる予定の節分祭を中心にご紹介していきます。

節分といえば豆まきをしたり恵方巻を食べたりする方も多いと思いますが、実際に神社のお祭りに参加すると、また違った経験をすることができるはずですよ。

スポンサーリンク


吉田神社の節分祭とは(由来・歴史)

image001
吉田神社は1000年以上の歴史を持つ、非常に古い神社ですが、節分祭が始まったのも室町時代とかなり昔のことです。

それほどまでに長い歴史を持つ行事ですので、京都にお住まいの方の中には「節分行事は絶対に吉田神社のものに参加する」という方も少なくないようです。

京都の節分は、「四方参り」といって、吉田神社、八坂神社、壬生寺、北野天満宮の四か所の神社仏閣をめぐるという伝統があります。

その四つの神社やお寺の中に選ばれていることからも、吉田神社の重要性がわかりますね。

日程・時間と会場へのアクセス

image003
吉田神社の節分祭の特徴は、節分を中心とした3日間にわたって行われるということです。

2017年だと、2月2日(木)から2月4日(土)まで開催される予定です。

以下に簡単なスケジュールをまとめましたので、アクセスされる際の参考にしてくださいね。

日付開始時刻イベント名場所
2月2日8時厄神祭大元宮中門
2月2日18時追儺式舞殿
2月3日23時火炉祭火炉

また、ここに挙げた以外にも、2月2日の8時からは前日祭3日の8時からは当日祭4日の9時30分からは後日祭が行われます。

2日と3日にはもう一つの名物・露店がぎっしりと参道を埋め尽くします。

こちらも要チェックです。

会場は3日間とも京都市左京区の吉田神社です。


電車駅の最寄り駅は京阪電鉄の「出町柳駅」ですが、駅から徒歩20分かかるのでできればバスを利用したほうがよさそうです。

バスの最寄り駅は京都市バス206号系統「京大正門前」です。

206号系統はJR「京都駅」、「二条駅」、阪急「大宮駅」などから利用することができます。

車を利用する場合は、名神高速道路「京都東」インターチェンジが最寄りのインターチェンジです。

ただ、節分祭の期間中のうち、2日と3日は神社の駐車場が使えなくなるうえに、京都の車道は年中込み合っているので、できれば公共交通機関を利用してアクセスしたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク


吉田神社節分祭の見どころ 追儺式と火炉祭

image005
節分祭の「追儺式(ついなしき)」と「火炉祭(かろさい)」は、何度見ても飽きることがない必見のイベントです。

追儺式は平安時代のころから行われていた、「鬼やらい」という行事がもとになっています。



登場するのは「方相氏(ほうそうし)」という人物です。

彼は隠れている鬼を見つけ出し、そこから追い出す力を持っているんです。

この方相氏が神社の境内の四方を回り、鬼を追い出すというどことなく今の節分と似た行事が行われます。

火炉祭は、旧正月の「どんと焼き」と少し似た行事です。

古いお札やお守りなどを高く燃え盛る炎で供養し、神様のもとへお返しするといった行事です。

高く燃え盛る」と書いた通り、炎は時に5メートルも燃え上がるとても迫力のあるもの。

しかし、その炎がお札やお守りを焼いているのだと思うと、どことなく神秘的な雰囲気をも感じることができます。

上で触れました通り、深夜から始まりますので気を付けてアクセスするようにしてくださいね。

駐車場と露店・抽選くじ情報

image007
上でも少し述べましたが、2月2日と3日は神社の駐車場が使えなくなってしまいます。

そのため、車でアクセスされる方は別の駐車場を利用する必要があります。

吉田神社に近く、スペースもそれなりにある駐車場は、平安神宮のそばにある「岡崎公園駐車場」でしょう。


収容台数は506台で、営業時間は7:30~23:00、最初の1時間が500円で30分ごとに200円かかります。

また、夜7時からは無料の臨時駐車場も用意されるようですので、一度公式ホームページを確認しておくことをおすすめします。

吉田神社 公式ホームページ

吉田神社の節分祭は、露店がとてもたくさん出現することでも知られています。

その数、なんと800余り

たこ焼きやリンゴあめのような定番はもちろん、イワシを出す節分らしいお店や湯豆腐を食べることができる一風変わった露店までさまざま。

歩いているだけでも楽しめること請け合いです。

露店が出るのは2日と3日のみですが、4日ももちろん楽しむことができます。

吉田神社の本殿前で販売されている「福豆」と呼ばれる豆を購入すると、くじの抽選権利が得られます。

あたりの商品もとても豪華で、一つ200円の福豆が、運が良ければ車やノートパソコンに化けるかもしれませんよ。

2月4日の抽選会で抽選が行われ、くじが当たっているかどうかは5日の境内や公式ホームページの発表を見るか、2月8日付の京都新聞で確かめることができます。

まとめ

とにかく、すべての行事に見どころがぎっしりとつまっている吉田神社の節分祭

一度参加すれば、病みつきになってしまうに間違いありません。

露店やイベントを見て回るだけで、一日が簡単に吹っ飛んでしまうんです。

境内には鬼が徘徊しているので、見つけたら写真を一緒に取るのも忘れずに。

節分は冬と春の境目であり、新しい一年を迎えるにあたっての大切な日です。

この日には全国多くの神社仏閣で節分のお祭りが行われるので、一度は参加してみたいところですね。

スポンサーリンク


-年中行事, 祭り, 節分
-, , , , , , , ,