お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

日本の暦・祝祭日・二十四節気

2017年の成人の日はいつ?由来といつ祝日になったの?英語では?

今年度にニ十歳の誕生日を迎える新成人の大切な行事が「成人の日」です。

2017年の成人式まであとわずか。

新成人の方々はドキドキしながら成人の日、本番を待っていることでしょう。

そこで今回は、成人の日について考えてみました。

成人の日に行われる意外なイベントや、そもそもの由来などをご紹介します。

スポンサーリンク


2017年の成人の日はいつ?成人の日の由来といつから祝日になったの?

image001
2017年の成人の日は、1月9日(月・祝)です。

多くの国民の休日がそうであるように、ハッピーマンデー制が導入されているので、毎年微妙に開催日が前後します。

正確には、1月の第二月曜日が毎年成人の日と呼ばれています。

ちなみに、ハッピーマンデー制が導入されるまでは1月15日が成人の日でした。

成人の日が実施されるようになったのは1948年のこと。

この時に1月15日が選ばれたのは、小正月に元服(昔の武士の成人式)が行われていたことが理由となっています。

成人の日は英語で何て言うの?海外にも成人の日はあるの?

image003
筆者が英国へ留学に行ったとき、日本の行事を紹介する機会に恵まれたことがあります。

その時に成人の日を紹介したのですが、どの国から来た人もこの行事を知らず、たいそう驚かれたことを覚えています。

もちろんどんな国にも、「大人として認められる基準」というものはあります。

日本では20歳という年齢がその基準に当たりますが、ほとんどの国の成人は18歳以上だと認識されています。

変わったところでは、「一人で狩りを成功させることが出来た時から」とか、「重い石を持ち上げることが出来たら」とか、「背丈がこれ以上伸びたら」など様々な基準が設けられています。

大人と子供の区別はほとんどの国や地域、民族でなされていると考えるべきでしょう。

しかし、日本のように伝統衣装を身にまとい、地域の同年代の人たちが集まって成人を祝う行事というものは、かなりまれであるようです。

そんな珍しい(?)成人式を海外で紹介するときは、「Coming of age Day」と表現されることが多いです。

Coming of age」は英語のイディオムの一種で、そのまま「成人する」という意味になります。

スポンサーリンク


成人の日コンサート2017

image005
成人の日には、新成人の誕生を祝って各地で様々なイベントが行われます。

その中でも特に有名なのが、東京赤坂のサントリーホールで開催される「成人の日コンサート」でしょう。

毎年本格的なクラシック音楽のコンサートが企画され、新成人たちが招待されます。

クラシックへの造詣を深めることはもちろん、次世代の音楽を支える若手音楽家の支援も目的の一つです。

2017年度は和太鼓の演奏や、オペラ「ドン・ジョヴァンニ」が披露される予定です。

応募は12月12日(月)までですので、興味のある新成人の方はお早めに申し込んで下さいね。

まとめ

日本では当たり前のように開催される成人式ですが、実はめったにない伝統衣装を身にまとう機会にもなっているんですよね。

めったに会わない昔の友人とも再開することもできますので、行こうか迷っている方はぜひとも参加してみることをおすすめします。

かつては成人すると服装や髪型、言葉遣いから名前まで変わっていたのですが、今ではそんな変化はありません。

そのため、大人と子供の区別はどこかあいまいになってしまいがちです。

成人式という区切りを設けることで、大人になったという自覚を持つこともできるんですよ。

一口に成人の日といっても、様々な意義や意味合いが込められているんですね。

世界にも例を見ないこの習慣を次世代に引き継いでいきたいものです。


スポンサーリンク


-日本の暦・祝祭日・二十四節気
-, ,