お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

記念日

おむすびの日と阪神・淡路大震災の関係は?ごはんを食べよう国民運動

1月17日は阪神・淡路大震災の日ですが、実は「おむすびの日」でもあるんです。

なぜ寄りにもよってこの日がおむすびの日なんでしょうか。

また、おむすびの日にちなんでどのようなイベントが行われるのでしょう。

今回はおむすびの日についてご説明していきます。

スポンサーリンク


阪神・淡路大震災とおむすびの日

image001
1997年に発生した阪神・淡路大震災は、ボランティア活動といった視点から語られることも多いです。

というのも、今までほとんど行われてこなかった市民ボランティアの活動が活発になったのは、この地震がきっかけなんです。

また、これ以降様々な災害現場で市民ボランティアが活躍していることを、報道を通じてご存じの方も多いのではないでしょうか。

もちろん特殊な訓練を受けたわけでもない、ただの市民ボランティアですから、できることは炊き出しくらいのものです。

しかし、被災地の人々がその炊き出しに大きく励まされたということも事実です。

人々は災害現場における暖かいご飯の重要性を、阪神・淡路大震災によって学びました。

それにより、「ごはんを食べよう国民運動」が始まったんです。

毎年阪神・淡路大震災が発生した1月17日には、この教訓を忘れないために様々なイベントが行われます。

おにぎりの日もあるの? おむすびとおにぎりの違い

image003
実は「おむすびの日」と似たような記念日で、「おにぎりの日」というものもあります。

おにぎりの日は6月18日

この日、石川県の弥生時代の遺跡から、日本最古と考えられるおにぎりの化石が見つかったことにちなんでいます。

弥生時代と言えば稲作が始まった時代として記憶されている方も多いのではないでしょうか。

おにぎりが誕生したのは、お米を作り始めて間もない時代だったんですね。

さて、ここで疑問になってくるのは「おにぎり」と「おむすび」の違いではないでしょうか。

実は、両者の違いは非常にあいまいで、様々な説があるものの、決定的なものはないという状態なんですね。

例えば、形が違うのではないか、という説があります。

たしかに三角形のものと丸いもの、二つのパターンがあります。

しかし、おにぎりとおむすびのどちらが三角形なのでしょう。

実はおにぎりが三角であるという説も、おむすびが三角であるという説もあるんです。

いずれにせよ、おむすびとおにぎり、両者の違いはほとんどないというのが正解ではないでしょうか。

スポンサーリンク


おむすびの日のイベント ごはんを食べよう国民運動

image005
話が少しそれてしまいましたが、おむすびの日である1月17日には、様々なイベントが開催されています。

例えば阪神・淡路大震災で特に大きな被害を受けた兵庫県では、食育の大切さや日本が抱える食糧問題について考える機会を設けています。

また、全国規模で行われる活動の一つが、ごはんを食べよう国民運動が行っているアンケート運動です。

この団体は1月17日以外にも様々な活動を行っているのですが、設立のきっかけとなった1月17日には必ずアンケートを実施し、日本人がどのようにごはんと関わっているのかを調査し続けています。

アンケートは一日に食べるごはんやおにぎりの量、好きなごはんの友などいずれもユニークなものばかり。

2001年から積み重ねてきたデータを読み解けば、日本人がどのようにごはんとかかわってきたのかの変遷が手に取るようにわかるかもしれません。

ちなみにアンケートに協力すると抽選でお米がプレゼントされます。

興味のある方は協力してあげてくださいね。

おいしいおむすびを作るこつ

日本にお住いの方であれば、一度はおむすびを召し上がったことがあるのではないでしょうか。

ごはんを握るというとてもシンプルな料理ながら、かなり奥が深いというのも魅力です。

おいしいおむすびを作るこつは、なんといっても熱いうちに、ぎゅっと握ってしまうということ。

ごはんはやや水分を控えめに、硬めに炊き上げることも大切です。

具材は鮭や梅干しといった定番から地域独特の珍しいものまで、おおよそなんでも合いますよね。

冷えてもおいしいですので、お弁当にもピッタリです。

まさに日本人のソウルフードを、これからも大切にしていきたいものです。

スポンサーリンク


-記念日
-, , ,