お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

お正月 年末年始

2017年に破魔矢を置く正しい方角は?飾り方や置き場所はあるの?

神社で売られている破魔矢。

購入したことがないという人も多いのではないでしょうか。

実は破魔矢って、年によって置くべき方角が変わるんです。

そこで今回は2017年に購入した破魔矢を置くべき方角や、飾り方をご紹介します。

スポンサーリンク


破魔矢とは?

image001
破魔矢とはお正月の縁起物の一種で、一年の魔除けに用いられます。

矢という武器の形状をしているのは、掛けられた呪いを打ち払ってくれることを期待したためです。

もともとは平安時代の年中行事「射礼」に使われていた弓と矢がもとになっており、江戸時代ごろに男の子が生まれた家に送ることが習慣となりました。

ちなみに女の子が生まれたおうちには羽子板を送ります。

また、幸運を「射止めて」くれるという効果も期待されています。

そんなわけで、広く縁起物として受け入れられるようになったということなんですね。

他に、新築の家の屋根に飾ることで魔除けを行うこともあります。

同じような縁起物として、弓の形状をした「破魔弓」というものもあります。

破魔弓が単体で用いられることはまれで、ほとんどの場合は破魔矢とセットで飾られます。

2017年に破魔矢を置く正しい方角は?

image003
破魔矢は呪いを打ち払う置物であると説明しました。

そのため、呪いがやってくる方角に先端を向けて飾るのが効果的です。

呪いがやってくるのは、「」の方角からです。

といっても、大部分の人が「凶の方角」なんて聞いたこともないのではないでしょうか。

実はその年によって、「凶の方角」というのは変わります。

2017年は真東が凶の方角に当たります。

ただ、もともと破魔矢は神棚や床の間に飾られていたものであり、かつては方角を気にせず置かれていました。

そのため、置く場所の都合上どうしても凶の方角に向けることができなかったとしても、それほど心配する必要はなさそうです。

スポンサーリンク


破魔矢の飾り方と飾る場所は?いつまで飾るの?

image005
前述した通り、昔は破魔矢を神棚や床の間に飾っていました。

お住いの家にこれらの場所があるのであれば、問題なくそちらに飾っていただいて大丈夫です。

ただ、床の間の下など、見下ろす場所には置かないようにしましょう。

というのも、破魔矢は神様の代わりとなる物なんです。

神様を見下ろすのはとても失礼ですよね。

方角にこだわる必要はさほどありませんが、「頭の位置よりも高い場所」は必ずキープするようにしましょう。

ただ、もちろん神棚も床の間もない家に住まわれている方もいらっしゃることでしょう。

その場合はどこでも大丈夫です。

といっても、もちろんトイレや風呂など、神様の代わりとなるものを置くにはあまりに失礼に当たる場所は避けたほうがよさそうです。

ほとんどの人は、リビングか玄関に置くようです。

リビングは団欒の場所であり、神様に一番見守ってほしい場所ですよね。

玄関は福を呼び込む効果が期待できます。

ただ、どこにおくにせよ、頭より上に飾るという事は忘れないようにしてくださいね。

破魔矢だけでなくお守りやだるまもそうですが、このような縁起物は一年に一回交換すべきと考えられています。

また、旅行先でもらったなど止む終えない場合を除いて、購入した神社にお返しするのがマナーとなっています。

初詣のついでに持っていき、帰りに新しい破魔矢を購入しましょう。

1月15日に行われるどんと焼きに持っていくのもよさそうです。


まとめ

門松やしめ縄と同じように、破魔矢にも飾る意味や由来があります。

普段は破魔矢を見てもスルーするという人も、この機会にぜひ飾ってみてくださいね。

破魔矢やお守りは、厳密にいえば神社で購入したわけではありません。

神様からお借りしたという考え方が正確なんです。

そのため、飾るときや毎日見るときには神様への感謝を忘れず、一年たったらきちんとお返しするようにしてくださいね。

さらに一年安らかに過ごすことが出来たのなら、その感謝の意味も込めて新しい破魔矢をお迎えするようにしましょう。


スポンサーリンク


-お正月, 年末年始
-, , , , ,