お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

長崎ランタンフェスティバル2017の日程と時間は?駐車場と宿泊情報

江戸時代には出島があり、日本と外国の玄関口でもあった長崎には、異国情緒残るお祭りが数多く残っています。

長崎ランタンフェスティバルもそのひとつ。

2017年は1月から2月にかけて開催されることが決定されているこのお祭りは、色とりどりのランタンが目にも楽しいお勧めのお祭りなんです。

そこで今回は、長崎ランタンフェスティバルの詳細情報をお伝えします。

スポンサーリンク


長崎ランタンフェスティバルってどんなイベント?

image001
長崎ランタンフェスティバルは、中国のお正月「春節祭」がもとになっています。

ちなみに長崎だけでなく、中華街がある横浜や神戸なんかでも、この時期春節祭が開催されます。

中国発のお祭りだけあって、長崎ランタンフェスティバル開催期間中はとにかく町中がエキゾチックになります。

名前にたがわず様々なランタンが浮かぶだけでなく、中国の伝統音楽や芸能など、町のいたるところで中国の片鱗を覗くことができそうです。

開催期間と点灯時間は?

image003
中国では現在でもお正月を旧暦でお祝いするので、新暦のお正月の少し後に開催されることに注意してください。

2017年は1月28日(土)から2月11日(土)にかけて開催されます。

なんと二週間もお祝いを続けるんですね。

ちなみに旧暦で計算する都合上、長崎ランタンフェスティバルが行われる日にちは毎年ずれます。

例えば2018年は2月16日から、2019年は2月5日から開催になりますので、次の長崎ランタンフェスティバルも参加されたい方は注意してくださいね。

ランタンは毎日17時から点灯されます。

日曜日から木曜日は22時まで、金曜日と土曜日は23時まで美しいランタンの明かりを楽しむことができそうです。

アクセス方法と駐車場・宿泊情報

image005
長崎ランタンフェスティバルは、長崎新地中華街という場所を中心に開催されます。


JRの最寄り駅は「長崎駅」ですが、徒歩だとかなり時間がかかるので、さらに公共交通機関を乗り継ぐ必要があります。

長崎駅」には路面電車とバスの乗り場があるので、どちらかを利用すると便利です。

路面電車を利用する場合、乗り込むべきは「1系統」です。

下車する停留所は「築町電停」です。

バスを利用する際は、「長崎新地ターミナル行」のものを利用してください。

長崎新地ターミナル」まで乗れば中華街のすぐ傍でおろしてもらえます。

車でアクセスする場合は、長崎バイパスの「西山」出口が最寄りの出口です。

そこから約10分で会場付近に着きます。

駐車場は付近にいくつかありますが、一番大きなものは松山町という場所にある「長崎市営松山町駐車場」です。


ただ、この駐車場は会場から少し離れているので、路面電車に乗って会場入りする必要があります。

この駐車場以外にも、会場周辺に駐車場は用意されているものの、当日は道路がかなり混みあいますし、駐車場もほとんど満車といった状態が多いようです。

特に休日に参加されるという方は、路面電車かバスを利用するようにしましょう。

また、新地中華街以外にも、唐人屋敷、興福寺、中央公園、鍛冶市、浜んまち、孔子廟と全部で7か所に会場が散らばっています。

これらの会場はいずれも傍にありますので、会場間の行き来は徒歩で済ませたほうがよさそうです。

ランタンフェスティバルという名前の通り、お祭りのメインはランタンが作り出す夜景です。

そのため、できれば1泊長崎で宿を取って、ゆっくりと鑑賞してみましょう。

中でもお勧めなのが、長崎市を見下ろす高台にある「矢太樓(やたろう)」という旅館です。

矢太樓(やたろう)公式ホームページ

駅からはバスで25分と少し離れていますが、その分見下ろす夜景は絶景の一言です。

そんな夜景は露天風呂からも見ることができますので、観光の疲れが吹っ飛ぶはずですよ。

スポンサーリンク


長崎ランタンフェスティバルの見どころ 皇帝パレードと媽祖行列

image007
ランタンフェスティバルではランタン以外にも、これぞ中国といった一風変わった出し物が多く登場します。

中でも「皇帝パレード」と「媽祖行列」は必見です。

皇帝パレードは、清朝の皇帝一族をモチーフにしたパレードです。

映画やドラマでしか見たことがないような、服装や小物をじっくりと見てくださいね。

毎週土曜日の14時から町中を練り歩きますのでお見逃しなく。

媽祖行列は、航海の神様「媽祖」が主役のパレードで、今も実際に孔子廟でお祀りされている媽祖の像が登場します。



媽祖はかつて中国だけでなく、アジアの広い地域で信仰されていました。

しかし、こんなにも大規模なパレードはもう世界を見渡してもほとんど行われていないようですので、こちらも必見ですね。

こちらは毎週日曜日に開催されます。

ランタンオブジェ

長崎ランタンフェスティバルでは、とても「ランタン」という言葉からは想像ができないような、奇抜なランタンがいくつも登場します。

動物や空想の生き物、神様などをモチーフにした巨大なランタンで、まとめて「ランタンオブジェ」と呼ばれているんです。

フェスティバル期間中には町の随所で見ることができますよ。

会場ではそこらじゅうで出ている屋台で中華のおやつをつまみながら、ユニークなランタンをたくさん見つけてくださいね。

スポンサーリンク


-イベント
-, , , , , , , ,