お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

仙台どんと祭2017の開催日と時間は?大崎八幡宮の松焚祭と裸参り

お正月飾りを燃やして供養する「どんと焼き」。

東北地方では、そんなどんと焼きを「どんと祭」として盛大にお祝いします。

中でも仙台のものは有名です。

2017年は仙台のどんと祭に参加してみませんか?

スポンサーリンク


仙台どんと祭の歴史と由来

image001
どんと焼き自体は日本全国で今でも行われている行事で、一般に小正月に行われます。

お正月に飾った松飾りや書き初めの紙などを燃やすことで、年神様を見送ることが目的とされています。

どんと焼きの煙に乗って家や共同体から解放された年神様は、山や田んぼに降り立って今度はそこの神様になるんですね。

このどんと焼き、地域によっては「左義長」、「どんど焼き」とも呼ばれますが、基本的には同じものです。

今でも全国で行われていると書きましたが、ほとんどは神社の片隅でひっそりとたき火が燃えている程度であり、それほど賑やかな行事ではないという印象が強いです。

しかし東北、特に宮城県では少し事情が違います。

宮城県のどんと焼きは、各神社が大きく力を入れて開催しています。

単なる正月飾りを焼くだけの日にはとどまらず、一種のイベント、まさにお祭りといった様相です。

日程・時間と会場へのアクセス情報

image003
仙台市において、ほとんどのどんと祭は1月14日に開催されます。

2017年だと土曜日に当たります。

神社の境内は午前中からにぎわっていますが、どんと焼きの炎が点けられるのは日没前後、例年16時ごろのようです。

なかでも最大規模のどんと祭が行われるのは、仙台市青葉区にある「大崎八幡宮」です。


こちらのどんと祭は別名「松焚祭」とも呼ばれており、毎年10万人もの参加者がつめかけます。

最寄り駅はJR仙山線「東北福祉大前駅」もしくは「国見駅」です。


また、どんと祭当日は泉区役所前とイオン仙台中山店から大崎八幡宮をつなぐシャトルバスも出ているので、そちらを利用することもできそうです。

駐車スペースに限りがあるうえに、交通規制がかかりますので、できれば電車かバスを利用してアクセスするようにしましょう。

特に17時以降は通行止めがかかるので、車で出入りすることができなくなります。

スポンサーリンク


仙台どんと祭の見どころ  大崎八幡宮の松焚祭と裸参り

image005
大崎八幡宮のどんと祭は、仙台市の無形民俗文化財に指定されていることもあり、全国的にも有名です。

どんと焼きをしている炎「御神炎」に当たると、この一年の健康や安全を祈願することができます。

同時に開催される裸参りも見逃せません。

文字通り、裸になって神社や御神炎にお参りするんですね。

参加者はまわしにさらし、鉢巻を巻いた姿で行進します。

口には「含み紙」という紙をくわえ、両手に鐘と提灯を持ちます。



独特の歩き方で境内を練り歩く姿は、まさに冬の仙台の名物の一つなんです。

とても寒そうですが、そのぶん体の中から清められる気がしてくるから不思議です。

どんと焼きのルール

どんと焼きの歴史は古く、鎌倉時代にはすでに今と同じようなスタンスが出来上がっていたといわれています。

神道と仏教の考え方が複雑に混ざり合った日本独特の行事ですので、これからも長く続いてほしいですよね。

さて、どんと焼きやどんと祭に参加される方の中には、ついでにお焚き上げもしてもらおうとお考えの方も多いのではないでしょうか。

どんと焼きを行う神社に預ければ、一緒にお焚き上げをしてもらえるはずですが、どんと焼きにはいくつかルールがあるのでそれを踏まえておきましょう。

まず、原則として燃やすと有害なものが出るものは燃やすことができません。

燃えないゴミに該当するものはもちろん、プラスチック製品はダイオキシンが出ることもあるので受け付けてもらえないです。

また、神社で購入したものであっても、お正月飾り以外のものは遠慮したほうがいいかもしれません。

地域や神社にもよりますが、どんと焼きで処分するのはお正月に因んだものだけにしましょう。

お守りやだるまなどは、別に日を改めて持って行った方が無難です。


スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , ,