お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

大津祭り2016年のアクセスと開催日程は?曳山の上からちまきが!

2016/10/20

琵琶湖のほとりにある大津では、2016年も大津祭りが行われます。

豪華な曳山やにぎやかなお囃子で、小さな祇園祭に例えられる大津祭りですが、どのようなところに注目して観光すべきでしょうか。

今回は、そんな大津祭りの見どころや由来などをご紹介します。

スポンサーリンク


大津祭りとは(由来・歴史)

image001
大津祭りがいつどのようにして始まったのかは明らかになっていませんが、江戸時代初期にはすでに行われていたものと考えられています。

大津祭りの特徴である豪華な曳山や物珍しいからくり人形は、大津が文化や交通の要衝として栄えた大都市だからこそできたものでした。

京都や大阪からほど近いという立地も、大津祭りの形成に一役買ったことでしょう。

現在では湖国三大祭の一つに数えられる大津祭り。

何よりもにぎやかで華やかな、たくさんの人が何の理由もなしに楽しむことができるといった感じのお祭りです。

アクセスと日程・時間

image003
2016年の大津祭りは、10月10日(月)の宵宮、11日(火)の本祭の二日間の予定です。

ただし、大津祭りは祭本番の一週間前、曳山を組み立てる工程も公開しており、さらにその後曳き初めも見学することができます。

こちらは山建てと呼ばれる行事で、2016年は10月4日(火)の8時30分からの予定。

祭本番と違ってあまり人がいないので、じっくり見たいならこちらを見に行きましょう。

10日(月)の宵宮が始まるのは午後1時から。

町内周辺を曳山が巡り、お祭りが始まったことを人々に知らせます。

しかし、宵山の本番はなんといっても6時から始まる夜の巡行でしょう。

夜だけあってライトアップが非常に華やかです。



こちらは夜の9時までじっくりと楽しむことができます。

11日(火)の本祭は、一転して日中の開催になります。

大津祭りの見どころであるからくり人形やちまきはこちらでしか手に入らないのでご注意ください。

大津祭りは滋賀県大津市の各地で行われます。

祭りの巡業ルートなどは駅などで手に入れることができる祭りのパンフレットを参考にしましょう。

スポンサーリンク


大津市はJR琵琶湖線の「大津」駅、もしくは京阪電車石山坂本線の「島ノ関」、「浜大津」駅が最寄りです。


大津祭りの見所 曳山とちまき

image005
b>大津祭りを見に行くからには、豪華な曳山とそれに乗るからくり人形、それからちまき撒きはかならず押さえておきましょう。

まずは曳山から。

大津祭りの曳山は江戸の華やかな上方文化をほうふつとさせるかのように非常に豪華です。

全部で13基ある曳山はそれぞれ細部のデザインが異なっているので、その違いを見つけるのも楽しいです。

中でもからくり人形は13基それぞれ全く異なった題材を扱っており、できれば全制覇したいところ。

大津祭りの曳山はそれほど大きくはないので、近くによってじっくりと見てくださいね。



ちなみに公式ホームページにそれぞれのからくりの解説が載っているので、余裕のある方はぜひ事前にチェックしていってください。

お次はちまきについてです。

なんと大津祭り、今でも曳山からちまきを撒いている唯一のお祭りなんだとか。

昔は祇園祭をはじめ各地のお祭りで巻かれていたみたいなんですが……。

このちまき、ただのちまきと侮るなかれ。

ちゃんと宮司さんのお祓いを受けた、縁起物のちまきなんです。

厄除け、そして縁起物として高名なこのちまき、毎年お祭りでは争奪戦が繰り広げられます。

ちまきの量自体、参加者の数に比べればかなり限られていると言ってよく、漠然とお祭りに参加しているだけでは手に入れるのは不可能です。

本祭がはじまる午前9時には神社にスタンバイし、からくり人形の奉納が始まるのを待ちましょう。

奉納が終わったタイミングでちまき撒きが始まります。

曳山に力強く「ちまき放ってー!」と声をかけましょう。


交通規制と駐車場情報


お祭りにつきものの交通規制ですが、もちろん大津祭りでも毎年ひかれています。

祭りのパンフレットに、いつどこで規制が行われるか情報があるので、車でアクセスする方は必ずそちらを確認しておいてください。

祭りの臨時駐車場などはおかれる予定はないので、公共の駐車場を利用することになります。

浜大津駅、大津駅の周辺に公共駐車場がありますのでそちらをご利用ください。

まとめ

大津祭りの困ったところは、宵山も本祭も参加しなきゃ損、というところですよね。

宵山の美しい曳山巡行も、本祭のからくりとちまきも、どちらも大津祭りの大きな魅力です。

嬉しいことに開催日は毎回土曜日と日曜日なので、週末は丸二日大津で遊ぶのもいいかもしれませんよ!


ちなみにこの大津祭り、大津商人がたぬきのお面をかぶって踊ったことが由来という伝説があります。

その伝説通り、巡礼の先頭に立つ曳山にはたぬきの像が置かれているんですよ。

こちらもぜひ、探してみてくださいね。

スポンサーリンク


-祭り