お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

陸別町しばれフェスティバル2017の日程は?服装と装備で寒さ対策

寒い北海道には、その寒さを生かしたお祭りがあります。

その名も「しばれフェスティバル」。

日本で最も寒いといわれている陸別町を舞台に、様々なイベントが行われます。

2017年は寒さから逃げず、雪や寒さを十二分に味わってみませんか?

今回はしばれフェスティバルをご案内します。

スポンサーリンク


しばれフェスティバルってどんなイベント?

image001
しばれフェスティバルは、今回で36年目を迎える、意外にも歴史あるイベントです。



二日間の日程のうち、大半は花火やトークショーなどのよくあるもの。

これはこれで十分に楽しめるものの、最大の見どころはやはり「人間耐寒テスト」でしょう。

先ほども触れましたが、北海道陸別町は日本で最も寒い町とされています。

もちろん生半可な寒さではなく、鼻毛が凍ったりオーロラが見えたりといった、日本とは思えない寒さです。

普通寒いというのは、それだけでデメリットになるものですが、あえて観光資財にしてしまったのがこの「しばれフェスティバル」というわけなんですね。

会場へのアクセスと開催日程は?

image003
しばれフェスティバルは、毎年2月の第一土曜日と日曜日に行われます。

2017年は2月4日(土)と5日(日)が開催予定日です。

4日は17時から22時、5日は9時30分から14時にかけて行われます。

会場は、「陸別ウエンベツ」という広場です。


付近に町役場や道の駅がありますが、鉄道駅はありません。

なので、電車ではアクセスすることが出来ないんです。

アクセスするには、車を使うかバスを使うかの二択になります。

車を使う場合は、女満別空港からは1時間ほど、小樽港、苫小牧港からは4,5時間ほどかかります。

港からはバスが出ていないので、バスを利用する人は女満別空港をつかって北海道まで来るようにしてください。

空港から「北見経由」のバスが出ているので、そちらを利用しましょう。

町内に入ってからは、フェスティバルの会場や町役場など、町中をくまなく回っている循環バスを利用するのがお勧めです。

スポンサーリンク


しばれフェスティバルに参加する服装や装備は?

image005
人間の限界に挑戦する、「人間耐寒テスト」に参加する人はもちろん、参加しない人であっても、しばれフェスティバルへ参加するのであれば思いつく限りの寒さ対策をしていくべきでしょう。

コートはもちろん、首元を覆うマフラー、耳まで隠れる帽子はほぼ必須です。

ズボンは靴の中にインして、少しでも外の空気に触れないようにします。

一番重要なのはで、氷の上を歩いても滑らない、雪の上を歩いても水がしみてこないものを選ぶ必要があります。

冬用の靴は北海道ならどんな靴屋にも置かれているので、現地で購入するのもありですよ。

また、観光客向けにかんたんな滑り止めを付けてくれる修理屋さんもあるようです。

カイロは背中やおなかに張り付けたり、ポケットに入れておくとすごく便利。

靴の中に入れることができるタイプもそろえておくと万能です。

しばれフェスティバルの見どころ 人間耐寒テスト

image007
この記事の中でもしばしば登場した、「人間耐寒テスト」。

日本一寒い陸別町だからこそできる、寒さへの挑戦です。

挑戦者はフェスティバル初日の夜から二日目の朝までの丸一晩、ストーブの無いかまくらのなかで過ごします。

真冬の夜中なんて、-20度を下回ることも珍しくありません。

特にフェスティバル初日が終了した、23時からが自分との勝負の時間になりそうです。

みごと翌朝7時まで耐え抜いた人たちには、温泉といううれしいご褒美があります。

耐え抜いたという認定証ももらえますよ。

ただ、この人間耐寒テストに参加するためには、事前に申し込みが必要です。

また、参加費として4000円が必要ですのでご注意ください。

まとめ

現在、陸別町はすでに真っ白な銀世界のようです。

秋を飛び越して、一気に冬がやってきたといった感じですね。

2017年の人間耐寒テストに期待が膨らみます。

ただ、しばれフェスティバルの楽しみは、何も耐寒テストだけではないんですよ。

毎年恒例の打ち上げ花火は、真っ白な背景と相まって幻想的な雰囲気を味わうことができますし、スノーラリーやラフティングなど、北海道でなければ楽しめないであろうエンターテイメントもいっぱいです。

寒さの中で人々と楽しさを共感すれば、何倍も何倍も楽しめるはず。

ぜひ二日間とも楽しんで下さいね。


スポンサーリンク


-イベント
-, , , ,