お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

長崎くんち2016年の日程と歴史!桟敷席のチケットは入手困難?

2016/10/15

長崎を代表する長崎くんちは、様々な文化の玄関口となった長崎の風俗を現すような独特なお祭りです。

とても興味深いイベントなので、2016年こそ長崎くんちに挑戦したいとお考えの方も多いはずです。

そこで今回は、知っているようで知らない、長崎くんちについて解説します。

スポンサーリンク


長崎くんちとは(由来・歴史)

image001
そもそも長崎くんちって、どういうお祭りなのかご存じでしょうか。

実は、長崎市にある諏訪神社のお祭りなんです。

地元長崎では、諏訪神社への敬意を込め、「くんち」ではなく「おくんち」と呼ぶ方もいます。

くんちとは、「九日」がなまったもので、旧暦の九月九日に行われていたことが由来だそう。

ちなみにくんちを行うのは長崎だけではなく、九州北部では広く行われていて、特に長崎、唐津、博多のものを合わせて日本三大くんちと呼びます。

長崎くんちの歴史は古く、もともとは江戸時代初め、遊女が諏訪神社へ舞の奉納をしたことが起源です。

長崎奉行が積極的にこれを支援したので、どんどん華やかでにぎやかなお祭りになっていきました。

今では長崎を代表するイベントの一つとして知られていますよね。

日程・時間と桟敷席の取り方

image003
2016年の長崎くんちの日程は、10月7日(金)から9日(日)の三日間です。

祭り中は要所で踊りの奉納が行われた後、庭先踊りと称して町中で踊りが行われ、町中に福をばらまきます。

詳しいスケジュールは下の表を参考にしてください。

このほか、諏訪神社では祭りに関する様々な神事が行われます。


日程イベント名場所時間
10月7日(金)奉納踊諏訪神社→公会堂前広場→お旅所午前7時~終わり次第庭先踊り
10月7日(金)お下り、笠鉾パレード市役所前~県庁手前午後1時~
10月7日(金)奉納踊諏訪神社→公会堂広場午後4時~
10月8日(土)奉納踊八坂神社→公会堂前広場午前7時~終わり次第庭先踊り
10月9日(日)奉納踊お旅所→諏訪神社午前7時~終わり次第庭先踊り
10月9日(日)お上りお旅所仮宮~本宮午後1時~

見ての通り、祭り中はそこかしこで踊りが披露されます。

庭先踊りは無料で見ることができますが、せっかくなので主要スポットで行われる奉納踊もチェックしましょう。

奉納踊は有料のチケットを購入する必要があります。

桟敷席のチケットはすごい人気で、すぐに完売してしまいます。

諏訪神社と八坂神社は例年6月から専用の場所や電話受付で、お旅所は7月から専用の場所や電話受付で、公会堂前広場ののチケットは、チケットぴあや主要コンビニで、8月の初め頃から予約開始が始まります。

例年すぐ売り切れるので、欲しいと思ったらすぐに予約しましょう。

もしチケットが取れなくても、当日立見席のチケットが販売されるので、あきらめる必要はありません。


スポンサーリンク


長崎くんちの見どころ

image005
奉納踊の賑わいを楽しんだり、庭先踊りで福をお裾分けしてもらったり、くんち中の三日間は長崎市全体が見どころといっても過言ではありません。

しかし、一つだけ取り上げるとするなら、くんちのフィナーレにあたるお上りですね。

初日に仮宮であるお旅所に「お下り」した神輿が諏訪神社に帰還するイベントです。

長崎市の諏訪神社は、正面玄関にあたる大門の前が急な坂になっています。

お上りの際は三基の神輿を担いだ担ぎ手たちがここを一気に駆けのぼります。



多くの観光客もまた、担ぎ手と一緒に盛り上がり、いつの間にか興奮していること間違いなし!

エキゾチックな踊りももちろんチェックすべきですが、お上りも忘れずに参加しましょう。

会場へのアクセスと駐車場情報

image007
くんちの主要イベントに参加する際は路面電車を利用しましょう。

諏訪神社へは蛍茶屋行きに乗って「諏訪神社前」で下車します。

公会堂へは同じく蛍茶屋行き、「公会堂前」が最寄りです。

お旅所へは赤迫行きもしくは正覚寺下行きに乗り、「大波止」で下車するのが便利。

八坂神社は正覚寺下行きに乗り、「正覚寺下」駅で降りましょう。

町中で祭りが行われているので、当然ながら交通規制が敷かれます。

また、臨時駐車場などは設置されないので、車で来場した方は駐車場の取り合いになることを覚悟しておきましょう。

また、あまりに会場に近い場所に止めてしまうと、交通規制に引っかかって車を出せなくなるかもしれません。

ある程度離れた場所の駐車場を探した方がよさそうです。


まとめ

長崎は、ずっと昔から外国との玄関口として有名でした。

江戸時代には出島が置かれ、様々な異国文化に触れられる地でもあったのです。

そんな長崎のお祭りは、やはりどこか異国風です。

それも特定の国の影響をしっかりと受けているわけではなく、中華風だったり南蛮由来だったり、様々な文化の特徴が入り乱れています。

見た目は日本の踊りなのに、どこか違っている本踊りやダイナミックな竜が登場する竜踊りなど、そこかしこで日本と異国の融合が見られます。

くんちの間、日本とも外国ともつかない独特の文化を楽しんで下さいね。

スポンサーリンク


-祭り
-, , , , ,