お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

記念日

忍者の日は伊賀も甲賀も一つ?イベント参加で忍者の日を盛り上げよう!

2月22日は、ニンニンニンの日、つまり忍者の日です。

今や日本だけでなく世界中に知られている「忍者」というコンテンツを、さらに普及・発展させようと制定された忍者の日には、日本中で様々なイベントが行われます。

今回はそんな、知れば知るほどクールな存在、忍者の日をご紹介します。

スポンサーリンク


忍者の日とは?

image001
今や世界中に知られ、「クールジャパン」の代名詞ともとれる「忍者」。

忍者の日は、そんな忍者をさらに一般的なものにしようと、2015年に制定された記念日です。

まだ非常に新しい記念日ではありますが、徐々に注目を集め始めており、忍者を用いた町おこしや、新しいビジネスチャンスにつなげる試みが各地で行われています。



特に、2016年に「忍者元年宣言」が行われたことで、忍者の日はその知名度を大きく上昇させました。

この宣言は、かつて忍者の里があったとされる三重県の伊賀市や滋賀県の甲賀市、神奈川県の小田原市などが共同で行ったもので、忍者という存在を通じて日本文化の面白さを世界に広めることを目的にしています。

また、日本全国に残る忍者の里や忍者にちなんだ施設では、忍者の実態や活動を追体験できるプログラムや講演会などが行われています。

忍者は普段から人気の高いコンテンツではありますが、忍者の日にはさらに盛り上げようという思いを伺うことができそうです。

忍者の日に開催されるイベント

image003
忍者の日は2月22日ですが、その日だけでなく2月2日から2月22日までの約20日間にわたって様々なイベントを楽しむことができます。

『忍者の日』実行委員会」という団体が主催者となってはいますが、全国の団体や企業などが独自にオリジナルの企画を設け、忍者にちなんだイベントを開催しているんです。

忍者の魅力だけでなく、その地方、その企業の魅力をも感じることができるイベントが多く出そろいそうですね。

2017年にも各地でたくさんの催しが行われると予想されていますが、今のところ詳しい情報は発表されていません。

間近になれば「忍者の日」の公式ホームページもできると思われますので、今後の続報を待ちましょう。

また、まだまだ新しい記念日ですので、これから先も末永く続くよう、毎年恒例のイベントになっていくことも期待したいですね。

「忍者の日」が今後も拡大を続け、日本文化の新しい魅力を発信できる場になってくれることを願っています。

まとめ

世界的にも有名な「忍者」ですが、そのイメージと実態が大きくかけ離れていることは少し憂慮すべきことかもしれません。

特に、映画やマンガなどを通じ、世界中に広まったイメージの中には、忍者=暗殺者や魔法使いと勘違いさせるようなものも多いことは事実です。

空想上のイメージとしての忍者もまた、魅力的であることは確かなのですが、やはり名前が有名になるだけでなく、実態もまた正しく伝わってほしいと感じてしまいます。

忍者の日は、空想上の忍者を通じて史実上の忍者に触れることができるいい機会になるのではないでしょうか。

10年後、20年後に向けて期待をしていきたいところです。



スポンサーリンク


-記念日
-, ,