お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

生活・流行・日本の風習

絵馬の願い事の書き方と奉納の作法は?奉納場所と期間はいつまで?

お願いを書いて神社に吊るす絵馬を皆様は書いたことありますか?

あまり書く機会がないので、ひょっとしたら絵馬の奉納の仕方がわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、「絵馬」について調べてきました。

奉納したいと思っている方や、なぜこんな文化があるのか気になっている方は、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


絵馬の奉納の由来は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA



そもそも絵馬とは、絵が描かれた木の板に願い事や自分の名前、住所を書いて神社に奉納するものですよね。

板にかかれた絵は名前の通り「」であることが多いです。

他にもその年の干支や、神社や地域に因んだものもありますが、基本的には馬です。

この馬の絵、昔は本物の馬を使っていた名残なんだそうです。

というのも、神道の神様や観世音菩薩は馬に乗って登場するといわれていたんです。

馬は人間と神様をつなぐ動物だったんですね。

でも馬って、今もそうですが昔だってそうほいほい奉納できるものでもないですよね。

そのため、本当に馬を奉納していたのはごく一部のお金持ちだけで、庶民は馬の像や絵を奉納し始めたそうなんです。

また、平安時代ごろまでは個人ではなく、共同体が協力して一つの絵馬を奉納することが多かったようです。

人々が現世の幸せを願うようになると、個人で絵馬を奉納するという機会が増えます。

それに乗じ、より見栄えのいい絵馬も登場するようになりました。

江戸時代に入ったころには、馬以外にも様々な絵が描かれた絵馬が登場するようになります。

近年では個人情報保護対策のために住所を隠すことができる絵馬や、願い事を描くかわりにその町や神社に因んだキャラクターの絵を描いて奉納する「痛絵馬」などが登場しています。

絵馬を奉納する場所と期間はいつまで?

image003
ほとんどの神社では社務所などで絵馬を販売しています。

もともとは神道の考え方がベースになっているようですが、神仏習合の影響で一部のお寺でも扱っている場合があるようです。

神社やお寺の御利益を調べたうえで、購入場所を決めるとよさそうです。

絵馬を手に入れたら、願い事と自分の名前、住所を書きます。

そのまま購入した神社・寺の絵馬掛けに吊るして奉納するのもいいですし、持って帰ってもいいです。

ただ、持ち帰った場合でも、願い事が叶ったら奉納してくださいね。

スポンサーリンク


絵馬の願い事の書き方と奉納の作法は?

image005
絵馬には表と裏があります。

絵がかいてあるのが表、無地なのが裏です。

願い事は裏に書きます。

本来は黒い墨がいいらしいですが、黒いマジックペンでも大丈夫。

気の利いた神社だと用意してくれているところもあります。

自分のペンを使う場合は油性のものを使ってください。

水性だと雨が降ると文字がにじんでしまいます。

また、願い事を書くとなると、どうしても「~できますように」「~しますように」みたいな感じで書いてしまうと思います。

でも、実はこれはNG。

大学に合格したいのであれば「合格する」、内定が欲しいのなら「採用される」といった風に、なりたい自分の姿を簡潔に言い切ってしまうことが重要です。

また、欲張るのもよくありません。

一つの絵馬に願いは一つだけ書くようにしましょう。

絵馬を売っている神社であれば、必ず絵馬を奉納する絵馬掛けと呼ばれる場所があります。

たくさん絵馬が下がっているのですぐにわかるはず。

奉納の際は、必ずこの絵馬掛けに吊るしてください。

変わり種の絵馬

日本全国の神社で奉納することができる絵馬。

実はかなりユニークな絵馬があるというのはご存じでしょうか。

絵馬といえば、通常は四角形か五角形の板をイメージしますよね。

しかし、神社によってはそんな常識(?)なんてなんのその。

かなり変わったものもあるんです。

例えば京都の伏見稲荷の絵馬は、白いキツネを模しています。

お稲荷さんですから、神様の使いは馬ではなくキツネになるんですね。

他にも、お正月に巨大な絵馬を奉納する神社もいくつかあるようです。

また、絵馬の絵にだいこんや牛が登場するところもあり、本当に多彩です。

旅行に行った際は、地元の神社にふらりと立ち寄ってみてください。

今までの常識を覆す絵馬に出会えるかもしれませんよ。


スポンサーリンク


-生活・流行・日本の風習
-, , , ,