お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

記念日

猫の日の由来は?猫の日に開催されるイベントに参加してみよう!

人間が農耕を始めたころからともに歩んできたと思われる生き物、猫。

2月22日はそんな、犬と共に人間の最良の友の記念日「猫の日」なんだそうです。

いつもは犬派なあなたも、いつも猫にメロメロなあなたも、2月22日は猫を可愛がったり、猫関連のイベントに参加したりしてみませんか?

今回は猫の日と、その日に開催されるイベントについてまとめてみました。

スポンサーリンク


猫の日とは?

image001
2月22日が「猫の日」となったのは、今から約30年前、1987年のこと。

ペットフード工業会が一般に公募した結果決まりました。

日付自体も2(にゃん)2(にゃん)2(にゃん)で猫の鳴き声を連想させますよね。

実は猫の日が2月22日なのは日本だけのお話。

世界中でかわいがられている猫ですから、いろんな国に独自の猫の日があるんですよ。

例えばアメリカでは10月29日、ロシアでは3月1日が猫の日なんです。

長靴をはいた猫」が生まれたヨーロッパの多くの国では2月17日なんだとか。

国際動物福祉基金は2002年に国際的な猫の日「International cat day」を制定していて、こちらは8月8日です。

といっても、やはり日本で最も猫が脚光を浴びるのは2月22日。

各地でイベントが行われるなど、猫ファンが大忙しになる日でもありますね。

スポンサーリンク


猫の日に開催されるイベント

image003
猫の日でイベントが開催されるのは、各自治体の動物保護施設や保健所、または猫をモチーフにした雑貨屋さんなどです。

2017年の2月22日は平日なので、前後の休日も含めて猫の日のイベントが開催されることになりそうです。

猫の日に関連するイベントの中で最も有名なのが、東京都千代田区で行われる「ちよだ猫まつり」でしょう。



会場はなんと千代田区役所、参加者は1万2千人と非常に大規模なイベントです。

というのも千代田区はここ5年で猫が殺処分されていないという驚きの地区。

ゆくゆくは日本中で千代田区のような状況が生まれればうれしいですね。

そんな「ちよだ猫まつり」、2017年度は2月18日(土)と19日(日)の二日間にわたって開催されることが決定しています。

猫をモチーフにした雑貨などの販売が行われる予定で、千代田区以外にお住まいの方でももちろん参加できます。

猫好きの方はぜひとも参加してみましょう。

2017年の猫の日前後には、「ちよだ猫まつり」以外にも全国で様々なイベントが行われる予定です。

これからどんどん新しいイベントの情報が出てくるはずですので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

まとめ

歴史が始まった頃からすでに人の隣にいた猫。

日本でも弥生時代にはすでにネズミ捕りに使われていたといわれ、平安時代の宮中や江戸時代の大奥ではペットとして飼われていたようです。

しかしその扱いは単に愛玩としてのペットにはとどまらず、人々の思想や民俗的な風習などに大きな影響を与えました。

最近では「ネコノミクス」という言葉もあるとおり、さらに多くの人々から愛されるようになっています。

今後も猫と人間の長い付き合いが続くとみてよさそうですね。

2月22日にはそんな猫との付き合いを振り返り、この可愛らしい隣人がいつまでも一緒にいてくれることを願う日にしましょう。

スポンサーリンク


-記念日
-, , , ,