お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

お正月 年末年始

初詣は神社とお寺どっちに行けばいいの?参拝の作法の違いは?

毎年お正月には初詣に行きますよね。

毎年同じところにお参りするという人も多いようですが、皆さまは初詣は神社に行っていますか、それともお寺でしょうか?

そもそも初詣って何のために行うのか知っていますか?

今回は、そんな知っているようで知らない初詣についてお伝えします。

スポンサーリンク


初詣はいつまでに行けばいいの?行く意味は?

image001
まず初詣っていつからいつまでの参拝を指すのでしょうか。

1月1日はどうしても都合がつかなくて、2日とか3日とかに行くこともありますよね。

余談ですが筆者はお正月になぜか風邪を引きやすく、1日になかなか初詣に行けなかったりします。

結論から言うと、松の内の期間

正月飾りを飾っている期間までなら大丈夫なようです。

といっても、この松の内。

実は関東と関西で違いがあり、関東は1月7日まで、関西は1月15日までが松の内だとされています。

また地方によって若干のずれがあるようなので、気になる方は調べてみるのも面白そうですね。

また、初詣はもともと、その年の縁起のいい方角である「恵方」にある神社にご挨拶に行く、という行事だったようです。

そのうえで去年無事に過ごせたことにお礼を言ったり、今年もまた平穏無事に過ごせるようにお祈りしたりするわけですね。

今では何となく近所のお寺に行ったり、有名な神社に行ったりする人が多いようですが、今年は初心に帰って恵方の神社に行くのも面白いかもしれません。

ちなみに2017年の恵方は「北北西」です。

初詣は神社とお寺どっちに行けばいいの?

image003
お正月自体、もともと神道の考え方から来ているので、神社が正解――というわけではありません。

実は、これどちらでもOKなんです。

一応基準としては、神道を進行している人は神社、仏教徒さんはお寺に行くべきという感じなんですが、ほとんどの人は自分の宗教とか気にしていないと思います。

そのため、どちらでもOKなんですよ。


ただ、お寺や神社とひとくくりにしていても、実はご利益が違っていたりすることもあります。

受験生は天満宮へ、恋人がほしい人は出雲大社へ行くといいかもしれませんよ。

また、初詣の回数に制限はありません。

お寺に行ったからといって神社に行ってはいけないというわけでもないんです。

お好きなだけご挨拶に行ってくださいね。

スポンサーリンク


神社とお寺の参拝の作法の違いは?

image005
とはいっても、神社に行くからには神社の、お寺に行くからにはお寺の作法を身に着けていくのが礼儀というものでしょう。

この二つ、近年は混同されている傾向にありますが、もともとは全く違う宗教です。

間違えないようにしたいものです。

例えば、ぱんぱんと柏木を叩いたり、二礼二拍手一礼を行うのは神社です。

一般的な作法はこの動画を参考にしてください。



神社によっては必ずしも一般的な作法に当てはまらないところもあるので注意してくださいね。

お寺へお詣でする場合は、まず「静かにする」ということを頭に入れておいてください。

お数珠を持っているのなら持参してもいいでしょう。



神社と同じく、お寺によって作法が違う可能性もあります。

まとめ

他にも、神社の鳥居から向こうは道の中央を避けて歩く、お賽銭を入れるときはお賽銭箱の正面が空くまで待つなど、小さなルールはいくつもあるんです。

大切なのは信仰心ですが、細かいルールを抑えれば、自分だけでなく他の参拝者もいい気分にさせることができますよね。

なので、マナーというものは知っていて損することはないんですよ。

一年の計は元旦にあり。

気持ちよく初詣に行って、今年一年もいいことがあるようにお祈りしましょう!


スポンサーリンク


-お正月, 年末年始
-, , ,