お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イルミネーション

京都イルミエール2016のアクセスと時間は?チケットと宿泊情報も

関西を代表するイルミネーション、京都イルミエールがもうすぐ開催されます。

2016-2017年で5回目を迎えるこのイルミネーションは、日本らしさを感じさせる演出でいっぱい。

定番をはずさないのに、それでいて独特のイルミネーションを見たいという方にはお勧めのイルミネーションです。

スポンサーリンク


京都イルミエールの開催期間と点灯時間は?

image001
2016-2017年の京都イルミエールは、2016年10月29日(土)から2017年4月9日(日)まで開催される予定です。

連日とも日没と同時に(目安としては16時30分ごろ)点灯され、21時30分まで楽しむことができます。

雨天決行ですので、天気を気にせずに参加することができそうですね。

会場へのアクセスとチケット・宿泊先情報

image002
会場は京都の丹波地方、南丹市というところにある「るり渓温泉」というところです。

周辺に電車駅が全く無いようなので、公共交通機関を利用してアクセスする場合は電車+無料送迎バスを利用する必要があります。

送迎バスは能勢電鉄日生線「日生中央駅」とJR山陰本線「園部駅」の二か所から出ます。


神戸・大阪周辺からアクセスする場合は「日生中央駅」、京都からアクセスする場合は「園部駅」を利用するようにしましょう。


また、往復バスを予約すると入場券もついてくるお得な日帰りバスツアーが企画されています。

気になる方は空きがあるか問い合わせてみるのもよさそうです。

車でアクセスする場合は阪神高速「池田木部」インターチェンジから綾部・福知山方面に抜けるか、京都縦貫道の「千代川」インターチェンジを利用するのが便利です。

駐車場は会場に用意されている無料の駐車場が利用できます。

京都イルミエールの入場料金は、大人が1000円、子供が500円です。

ただし1月9日までの土日祝日と1月3日は少し値上がりし、大人が1200円、子供が600円になります。

チケットは当日会場で購入することもできますが、事前にインターネットやセブンイレブンで購入しておくと当日スムーズに入場することができるのでおすすめです。

会場であるるり渓温泉は、温泉はもちろんゴルフやバーベキューを楽しむことができるアウトドア施設です。

宿泊も可能なので、どうせなら一泊していってもよさそうです。

宿泊施設は二か所、「るり渓温泉本館」と「こぶし荘花あかり」です。

どちらも違った趣のある旅館でおすすめですよ。

スポンサーリンク


京都イルミエールの見どころ

image004
京都イルミエールでは光のアーチや庭園など、定番の光の演出を多くみることができます。



定番といってもクオリティが非常に高いので、それだけで楽しめること間違いありません。

しかし、京都イルミエールだけでしか見ることが出来ない、まさに見どころといった演出もあります。

中でもおすすめなのが、イルミネーションでオーロラを再現した「奇跡のオーロラ」です。

設置されているのはイルミネーションの一番最後。

まさに光の旅のフィナーレを飾るんですね。

毎日限られた時間内でしか上映されないので見逃さないようにしましょう。

開催時間は、17時30分から、18時20分から、19時20分から、20時30分からの四回です。

まとめ

丹波地方の冬は寒く、るり渓温泉は高原です。

平地とは比べ物にならないくらい寒いので、防寒対策はしっかり行ってくださいね。

車でアクセスする場合は万が一にそなえ、冬用タイヤで臨んだ方がよさそうです。

また、会場はぐねぐねの道が長く続き、以外にも段差や斜面が多いです。

ヒールや歩きにくい靴で行くとすぐに疲れてしまうので、履きなれた靴や歩きやすい靴で行った方がいいでしょう。

また、周辺付近にはレストランがほとんどないので、夕食を食べる場所に困るかもしれません。

宿泊する予定がないのなら夕食を食べてから参加するか、ピーク時はあえて外した方がよさそうです。


スポンサーリンク


-イルミネーション
-, , , , , ,