お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

伊勢まつり2016年の見どころはどこ?開催日程と駐車場情報も!

2016/10/20

三重県には、「楽しむ」を最大限まで追求したお祭りがあります。

名前は「伊勢まつり」。

名前だけ聞くと普通ですが、これが普通のお祭りじゃないんです。

祭りの開催って、本来の意味であれば、神様への感謝をささげるため、ですよね。

でも、それと同時に、地域の人の娯楽といった面もあるといわれています。

人々が楽しめるのも重要な要素なんですね。

今回はこの人々が楽しめることにこだわった、2016年度の伊勢まつりをご紹介します。

スポンサーリンク


伊勢まつりの概要や日程

image001
かつて秋祭りは「神嘗祭」と呼ばれ、秋の収穫を神様に感謝する儀式でした。

三重県伊勢では伊勢神宮があることも手伝って、昔から大規模な秋祭りが開かれていました。

しかし、戦前は日本全国で行われていたこのお祭りも、戦後はどんどん影が薄くなってしまいます。

しかし、伊勢では「おおまつり」として盛大にお祝いすることを辞めませんでした。

そして2009年、「見て」「参加して」「楽しめる」を追求したお祭りとして「伊勢まつり」は誕生しました。

神事とは少しかかわりが薄くなりましたが、よりみんなで楽しめるお祭りとして生まれ変わったんです。

そんな伊勢まつりの2016年度の日程は、10月8日(土)、9日(日)に決定しています。

開催場所は伊勢市内、特に高柳商店街周辺から伊勢市駅周辺が中心地であり、もっともにぎわいます。

伊勢まつりの見どころは?

image003
見どころは何といっても、日本各地の踊りのパレードでしょう。

この伊勢まつり、地域のお祭りであるにもかかわらず、日本全国から様々な祭りが参加し、市内を練り歩きながら、その地域で親しまれている踊りを披露するんです。

有名どころでいえば、高知県のよさこい、沖縄県のエイサー、徳島県の阿波踊りなど、メジャーな踊りが目白押しです。

なんとヒップホップや太極拳も参加するそう。

各地からいろんな人が集まるのは、天照大神をお祀りする、伊勢神宮があるからこそですね。

また、パレードするのは何も人間だけではありません。



なんと50台ものスーパーカーやクラシックカーもパレードに参加する予定なんです。

もはやお祭りとか関係ない気もしますが、伊勢まつりのコンセプトは「見て」、「参加して」、「楽しめる」こと。

楽しいのが第一なのです。


他にも和太鼓の演奏や、誰でも参加できる伊勢音頭など、興味深いイベントが二日間の中にぎっしり詰まっています。

どれもこれも見逃せません。

スポンサーリンク


まつりのアクセス方法、混雑状況と交通規制

image005
伊勢まつりへ参加されるときは、電車でのアクセスが便利です。

伊勢市駅までは近鉄とJRが利用できます。


伊勢市駅からは5分歩けば伊勢神宮の外宮に到着しますので、まつりに参加がてら参拝するのもいいかもしれませんね。

まず外宮の参拝をしてから内宮に向かうのが正式なお参りのやり方です。

お祭りの時はどうしても混雑してしまうので、できれば電車を使いたいものですが、車で行きたい場合もあるでしょう。

その場合は、宮川親水公園に無料臨時駐車場が設置される予定なので、そこを利用しましょう。

公園から会場までは無料のシャトルバスが20分おきに出ます。

そのほかにも厚生小学校などいくつかの場所が無料駐車場として用意されます。

ただし、まつり開催中は大規模な交通規制が敷かれますのでご注意ください。

とくに会場周辺は通行禁止の時間帯が設定されており、まつり中はまず車では入ることができません。

最新の情報に、常に気を付けておきましょう。


まとめ

伊勢まつりは、とにかく楽しむことができるお祭りです。

開催中は大きな会場内で、いろんなイベントが開催されている状態です。

では、伊勢の人々は秋祭りのもう一つの意義、神様への感謝を忘れてしまったのでしょうか?

いえ、決してそんなことはないんです。

実は、伊勢まつりの数日後、今年は10月15日(土)に予定されているのですが、神嘗奉祝祭というお祭りが行われます。

前日に行われる前夜祭と合わせ、こちらは踊りや神事を行いながら、にぎやかに秋の恵みをお祝いします。

全国からも多くのお祭りが駆けつける、まさに「祭のまつり」と呼ぶにふさわしいお祭りです。

伊勢まつりで心行くまで楽しんだら、今度は神嘗奉祝祭で神様に感謝するのもいいですね。

スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , , ,