お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

京都北野天満宮梅花祭2017の日程は?野点参加には拝服券が必要!

今回は北野天満宮の梅花祭をご紹介します。

北野天満宮は菅原道真を祀る神社です。

特に道真公が愛したといわれている梅の季節は大きく盛り上がり、道真公の月命日と併せて梅花祭が開催されます。

2017年は900年もの長い歴史を持つこのお祭りに参加してみませんか?

スポンサーリンク


北野天満宮梅花祭ってどんな祭り?

image001
まずは菅原道真と梅の関係について簡単に解説しましょう。

菅原道真は平安時代前期の文官で、遣唐使を廃止するなどの画期的な政策を次々と生み出しました。

しかし、藤原氏との権力闘争に敗れ、当時は田舎だった太宰府に左遷されてしまいます。

道真は太宰府に赴任する直前、屋敷に植えてあった植物一本一本に別れのあいさつをします。

特に風流を愛していた道真は、梅と別れがたく感じ、

東風吹かば にほひをこせよ 梅の花 主無しとて 春を忘るな

の有名な和歌を残し、太宰府へと赴任していきました。

しかし、梅もまた道真を愛していたのでしょう。

なんとこの梅がはるばる太宰府まで飛んでいき、道真の元へ参じたという伝説があります。

まさに道真と梅は、切っても切れない関係なんです。

道真は結局京都に戻ってくることはできませんでした。

しかし道真が亡くなったころから京都では、変異が立て続けに起こりはじめます。

そこで道真公を慰めるため今の北区に北野天満宮を作り、境内にたくさんの梅を植えました。

北野天満宮ができてからおよそ1050年もたちますが、今でも梅は春になるとたくさんの花をつけて私たちを出迎えてくれます。

特に毎年2月25日の梅花祭は本殿へ梅をお供えする儀式を見たり、お茶をいただきながら梅を楽しんだりすることができるんです。

会場へのアクセスと日程・時間

image003
梅花祭は毎年2月25日に開催されます。

2017年は土曜日に当たっています。

北野天満宮の梅は例年2月下旬から3月下旬が見ごろなので、ちょうど梅の最盛期に行われるというわけなんですね。

北野天満宮は毎日朝5時30分から開門し、17時30分に閉門します。

梅花祭の儀式は午前10時から本殿で行われます。

京都観光の鉄則は、できるだけ公共交通機関を利用する、ということです。

京都は一年を通して観光客が非常に多く、道路は常に混んでいます。

高速道路の出口や有名な神社仏閣の周辺道路は常に渋滞状態といってもいいくらいです。

逆に市バスと地下鉄でほとんどの観光地は網羅できますので、できればこちらを使いましょう。

北野天満宮の最寄り駅は、京福電鉄北野線の「北野白梅町駅」です。


他にも阪急「西院駅」から市バスの203系統、京阪「三条駅」から10系統、JR京都駅から50、101系統に乗ることでもアクセスすることができます。

いずれも「北野天満宮」停留所で降りてくださいね。

車でアクセスする場合は、名神高速道路の「」、「」インターチェンジが最寄りです。

ただ、駐車場が第二駐車場の40台分のスペースしか空かないので、かなり早く行かないと停めることが出来ないと思っていてください。

スポンサーリンク


北野天満宮梅花祭のおすすめは? 野点と拝服券

image005
梅花祭では本殿に梅をお供えする儀式の他に、大規模な野点(お茶会)が行われます。

これは豊臣秀吉公がかつて行った北野大茶会を模倣したもので、昭和27年から続く伝統あるものです。



野点には上七軒の本物の芸妓さんが登場、手ずからお茶をたててくれます。

ただ、野点は誰でも参加できるというわけではありません。

参加するには、毎年1月25日から北野天満宮で発売される「拝服・宝物殿拝観・撤饌引換券」という三連券を購入しておく必要があります。

1枚1500円で、毎年3000枚用意されますがすぐに売り切れてしまいます。

参加希望の方は早めに購入しておきましょう。

まとめ

日本有数の梅スポットである北野天満宮。

梅花祭当日でなくとも梅は逃げませんので、当日どうしても参加できないという方でもぜひ足を運んでみましょう。

梅花祭はとにかく混むので、あえて当日を外すという手もありですね。

北野天満宮の梅園は10時から16時まで開いています。

入場料が700円必要ですが、その代わりお茶菓子がもらえるのでのんびり風流に梅を楽しむことができるでしょう。

北野天満宮の梅園はかなり広く、普段は「梅」とひとくくりにしている梅の種類の多さに驚かされます。

道真公が愛した梅を心から楽しんで下さいね。


スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , ,