お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

冬対策 生活・流行・日本の風習

スノーダンプの使い方!サイズと選び方・スプレーと収納方法も解説!

雪がたくさん降る地域では、毎日の雪かきにスノーダンプが大活躍しますよね。

いざというときのために、雪が少ない地域にお住まいの方も使い方くらいは知っておくべきでしょう。

そこで今回は、身近な除雪機器であるスノーダンプの使い方を解説していきます。

雪かきをするときはこの記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


スノーダンプとは?

image001
スノーダンプとは雪を積み、楽に運ぶことができるように開発された除雪用の器具で、別名「ママさんダンプ」と呼ばれています。

その別名の通り、女性でも簡単に重い雪を運ぶことができるんです。

見た目は大型のシャベルのような形ですが、シャベルでいう土を入れる部分の底がそりのようにわずかに反りかえっていて、雪の上をすべるように動かすことができるのが特徴です。

普通一般家庭では軽いプラスチック製のものが使われますが、よりたくさんの雪を運ぶ必要があるときは金属製のものが使われることもあります。

スノーダンプのサイズと選び方

image003
スノーダンプは子供用の小さいものから、「パパさんダンプ」ともいうべき大型のものまでさまざまな種類があります。

スノーダンプを購入する際は、まず主に誰が使うのかを考えましょう。

男性が使うのであれば重いものでも大丈夫ですが、子供にお手伝いをさせるためのものを買うのであれば軽いものを選ぶべきです。

できれば商品を実際に手に取ってみて、雪の重さを想像しながら選ぶようにしたいものです。

また、どのくらいのものを運ぶか、ということもしっかりと考えましょう。

スノーダンプの多くはプラスチック製であると先ほど述べました。

プラスチックは安価なうえに軽く、一見素晴らしい素材のように感じられますが、反面もろく、重いものを運んだり硬いものに突き刺したりといった用途には向きません。

そのため、豪雪地帯にお住まいで毎日大量の雪を運ぶという方や、氷を切り出して運びたいという方は耐久性の高い金属製のスノーダンプを選びましょう。

逆にあまり雪が降らない地域にお住まいであるのなら、軽くて小さなものを念のために倉庫に置いておく、といったスタンスで十分だといえます。

スポンサーリンク


スノーダンプとスノーダンプスプレーの使い方・収納方法

image005
積もっている雪にスノーダンプの先端を突っ込ませることで、簡単に雪を乗せることができます。

雪を乗せたらそのまま雪面を滑らせるようにスノーダンプを操り、雪捨て場まで運びます。



また、スノーダンプの先端を使って雪に切れ込みを入れ、ブロックのようにして運ぶとさらに効率よく運ぶことができそうです。



ただ、やってみると分かるのですが、雪を捨てる時に意外と骨が折れるんです。

というのも、スノーダンプの表面に雪が引っ付いたまま取れなくなってくるんですね。

雪が引っ付かないようにするためには、事前にワックスやろうそくのろう、またはスノーダンプスプレーを吹き付けておく必要があります。

こうすることでスノーダンプの表面に水滴がつかず、雪がするすると落ちるようになるんです。

ただ、どんないいスプレーでも使っていくうちに落ちてしまいますので、雪がくっつくようになったら再度スプレーするのを忘れないようにしましょう。

特にプラスチックでできているスノーダンプはもろくて劣化しやすいので、ちゃんと保管しておかないと一年ごとに買い替えるはめになってしまうかもしれません。

長持ちさせるためには直射日光の当たる場所を避けて保存することが重要です。

倉庫の奥にしまい、できれば黒いビニール袋に入れておくとさらに効果が期待できます。

まとめ

豪雪地帯には一家庭に二つ以上あることも珍しくないスノーダンプ。

しかし、雪の降らない地域では見たこともないという人もいるかもしれません。

確かに豪雪地帯のように、朝起きたら家が雪で埋まっていた、なんて自体にはなかなか遭遇しないかもしれませんが、いつどんな量の雪が降るのかは誰にもわかりません。

いざというときに困らないよう、除雪用の器具は用意しておき、使い方も押さえておくべきでしょう。

雪かきは普段使わない筋肉を使うせいか、なれていないとかなり疲れます。

へとへとにならないよう、うまく道具を使って切り抜けましょう。


スポンサーリンク


-冬対策, 生活・流行・日本の風習
-, ,