お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

筥崎宮玉せせり2017のアクセスと時間は?競り子の玉せせりは必見

福岡県筥崎宮は、平安時代からの歴史を持つ日本三大八幡宮の一つです。

毎年正月に行われる玉せせりは九州三大祭の一つでもある、筥崎宮を代表するお祭り。

2017年はどんなところに注目すべきでしょうか、またアクセス方法は?

今回は筥崎宮の玉せせりをご案内します。

スポンサーリンク


筥崎宮の玉せせりとは?

image001
玉せせりは簡単にいえば、競り子と呼ばれる男性たちの手によって玉を筥崎宮に運ぶ行事です。

玉せせりに登場するのは、木でできたソフトボールくらいの大きさの球です。

陰と陽の二種類があり、普段は筥崎宮の宝物として厳重にしまわれていますが、玉せせりが行われる直前に末社である玉取恵比須神社に運ばれます。

神社で儀式が行われた後、二つある玉のうち陽の玉は、締め込み姿の男性、競り子たちに渡されます。

陽の玉に触れた人は幸せを授かるという伝説があるため、競り子たちは我こそはと玉を奪い合いながら筥崎宮まで向かいます。

競り子たちは「」と「」のどちらかのチームに属しており、最終的に球を所有していたのがどちらのチームであるかによって今年一年が豊作であるか、それとも豊漁であるかがわかるといわれています。

アクセスと日程・時間

image003
玉せせりが行われるのは毎年1月3日、2017年度は火曜日に当たります。

開始時刻は13時で、毎年14時30分ごろに筥崎宮に到着することになります。

玉せせりがスタートする筥崎宮の末社玉取恵比須神社は、筥崎宮のすぐ傍にある小さな神社です。

玉せせりが行われるのは午後からなので、午前中は筥崎宮で初詣をして、それから西に約250メートルほど向こうにある玉取恵比須神社に行くのがよさそうです。

ただ、すぐ近くで見たいという人は午前中から場所取りをしておいた方がいいでしょう。

筥崎宮へは福岡市営地下鉄箱崎線の利用が便利です。


箱崎宮前駅」で降り、1番出口から約3分で到着します。

他にもJR鹿児島本線「箱崎駅」、西鉄バス「箱崎」停留所、JR九州バス「箱崎1丁目」停留所からもアクセス可能です。

筥崎宮の参道付近に5か所駐車場があり、年末年始でも問題なく利用することはできるのですが、交通規制が敷かれるうえに人通りが非常に多いため、できれば公共交通機関を利用したほうがいいでしょう。

スポンサーリンク


玉せせりの見どころ

image005
玉せせりの見どころは、やはり競り子たちの力強い戦いですね。

お正月に締め込み姿、そのうえ水を掛けられるので見ているこちらはすごく寒いのですが、競り子たち本人は全く寒さなんて感じていないようです。



競り子たちは運動会の騎馬戦のように複数の人が一人を支えて玉を運ぶのですが、激しい動きをするのでもちろん馬役は疲れてしまいます。

そのためいかにスムーズに馬と上の役を交代するかも見ものですね。

上と下が目まぐるしく変わる上に、先ほども書いたように玉を触れば幸せになるのですから、自分が上にいる間になんとしてでも玉に触れようとやっきになるわけです。

それは陸組も浜組も同じなので、本当に激しい争奪戦になります。

露店のやきもち

玉せせりでもう一つ注目したいのが露店です。

筥崎宮の参道にはずらりと露店が立ち並ぶのですが、その数およそ120軒

ちょうどお昼時ですし、ぜひ何かつまんでいきましょう。

おすすめは公式ホームページでも紹介されている「やきもち」です。

筥崎宮の名物といえばこれで、中に餡のつまったお餅をぱりぱりに焼いています。

普通の白いお餅の他に、ヨモギを練り込んだよもぎ餅もあり、素朴ながら何個でも食べることができるくらい飽きのこない味なんです。

スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , , , , ,