お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

松之山温泉むこ投げすみ塗り2017の日程と由来は?見所はここ!

新潟県には「越後の奇祭」と呼ばれる伝統行事があります。

その名も「むこ投げ」「すみ塗り」。

なんだか変な名前ですよね。

2017年も行われるこの不思議な伝統行事を見に行きませんか?

今回は新潟県のむこ投げすみ塗りをご紹介します。

スポンサーリンク


越後の奇祭むこ投げすみ塗りとは?

wedding_irouchikake
むこ投げすみ塗りは、新潟県の十日町市松之山地域で行われています。

この地域出身の女性と結婚した新郎が、正月の帰省時にこの行事の主役になります。



新郎はまず松之山温泉街にある薬師堂に連れて行かれます。

そこで胴上げされた後、お堂の外にある崖から放り投げられます。

崖は5メートルほどありますが、真冬なので下には雪が積もっているのでけがをすることはありません。

次に正月飾りやしめなわを燃やした炭を顔に塗られます。

もともとむこ投げとは関係なく、無病息災を願う行事だったようなのですが、現在ではむこ投げと混同され、同じ日に同じ人々によって行われるようになっています。

ただこちらは嫌がる人も多いので、一部の地域を除いて現在は行われていないようです。

なぜ新郎さんがこのような目にあうのか、はっきりとした由来はわかっていないようなのですが、一説には大切な娘を他の村に取られたという腹いせがもとになっているといわれています。

また近年では観光客を誘致するためのイベントとして扱われており、松之山の女性と結婚した人でなくとも参加することができるようになりました。

日程・時間と開催場所へのアクセス

image003
むこ投げすみ塗りが行われるのは毎年1月15日の小正月の日です。

2017年は日曜日に当たっています。

時間は14時から16時ごろまで

見学ではなく実際に投げられたり塗られたりしたい方は、松之山の観光サイトから申し込みをしておきましょう。

会場である松之山温泉街の最寄り駅は北越ほくほく線とJR信越本線が通る「まつだい駅」です。


駅からも少し遠い場所にあるので、東頚バスを利用するかタクシーを捕まえましょう。

バスを使う場合、「松之山温泉」停留所で下車します。

また、温泉街で宿泊する場合は、旅館によっては送迎を依頼できる場合もあります。

車を利用する場合はスタッドレスタイヤの準備を忘れずに。

積雪状況によっては一部道路が閉鎖されていることもあるので、最新の情報を意識してください。

温泉街の中の駐車場を利用しましょう。

スポンサーリンク


むこ投げすみ塗りの見どころ

image005
むこ投げすみ塗りの見どころは、なんといっても豪快に投げられるお婿さんたち――といいたいところなのですが、実は違うんです。

一番の見どころは、投げ落とされたお婿さんを心配し、雪を払ってあげるお嫁さんだと思います。

お嫁さんは崖の下に控え、夫が投げ落とされるのをはらはらしながら待っているんです。

投げ落とされた新郎さんの晴れやかな笑顔や、お嫁さんの優しい手つきは新婚カップルだからこそですよね。

見ているだけで心があったかくなる光景です。

まとめ

寒い中投げ落とされたり顔に墨を塗られたり、散々な扱いのお婿さん。

お嫁さんと一緒に、松之山温泉街でゆっくりしていくのもいいかもしれませんよ。

実は松之山温泉街の歴史は大変古く、今から700年前の南北朝時代にまでさかのぼるといわれています。

特にホウ酸と呼ばれる成分が豊富で、草津温泉や有馬温泉と並んで日本三大薬湯に数えられているんです。

お婿さんに今日一日のねぎらいをこめて、温泉で足を延ばしたりおいしいものを食べたり、ずっと後まで残る、二人の大切な思い出を作ってくださいね。


スポンサーリンク


-イベント
-, , , , , ,