お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

佐原の大祭秋祭り2016年の日程と山車を紹介!無料駐車場はここ!

2016/10/15

毎年10月に千葉県の香取市で行われる新宿秋祭りは、7月の本宿祇園祭と合わせて佐原の大祭と呼ばれています。

『大祭』というだけあり、かなり大規模で賑やかな佐原の大祭、2016年はどんなところに注目すべきでしょうか?

今回はそんな佐原の大祭の概要や見どころをお届けします。

スポンサーリンク


佐原の大祭とは?

image001
千葉県香取市は昔佐原と呼ばれ、利根川の要衝として有名でした。

江戸時代のころ、本宿の八坂神社、新宿の諏訪神社をそれぞれお祀りする祭礼が行われ始めたのが、佐原の大祭の起源だといわれています。

お祭りの最中眼を引くのは、なんといっても山車の上に飾られている大きな人形ですが、これは江戸の人形職人が作ったものを使っています。

他にも佐原の大祭で採用されている山車の形やお囃子の形態などは、関東圏のたくさんのお祭りに影響を与えています。

このように佐原の大祭が関東の文化に与えた影響は計り知れません。

川越氷川祭りと常陸國総社宮大祭と併せ、関東三大祭りに選ばれるのも納得ですよね。

佐原の大祭秋祭り2016年の日程は?


(c) .foto project


そんな佐原の大祭ですが、夏と秋で出し物が微妙に違います。

なので、ファンの方は両方に参加されるようですね。

ただ、秋祭りのほうが参加する山車の数が多いので、どちらかといえば秋祭りのほうがおすすめなんですよ。

2016年の秋祭りの日程ですが、10月7日(金)から9日(日)の三日間になっています。

朝の10時から22時まで市内で山車の引き回しが行われ、お囃子の音がどこにいても聞こえる状態です。

各広場で休憩スペースや屋台が用意される予定ですので、休憩がてらのぞいてみるのもおもしろいですよ。

スポンサーリンク


秋祭りの見どころ

image003
祭り会場についたら、まずは山車の動かし方をチェックしましょう。

ちなみに山車を動かすことを佐原では『曳き廻す』といいます。

山車には車輪の近くに『てこ』と呼ばれる丸太がついています。

このてこで山車を操り、曳き廻すわけなのですが、佐原の大祭はただ引っ張るだけではありません。

のの字廻し』、『小判廻し』、『そろばん曳き』の三つの技法があり、それぞれの完成度を競います。

いずれも使うのはてこのみ、引き綱も使わずに山車を回転させたり動かしたりするのは何年にもわたる修練が必要であり、それだけに非常な緊張感が伝わってくるようです。



こちらは『のの字廻し』の様子。

ゆっくり廻しながら、それでいて止まらずに向きを変えるのが難しいのだそう。

また、人形もチェックしましょう。

佐原の大祭に使われる人形はどれも大きく(なんと4メートル!)、表情豊かで迫力があります。

また、歴史上の偉人をモデルにしていて、それぞれの特徴をよくとらえています。

人形の横に立てられている木札にモデルの名前が書かれているので、自分の予想した人物で当たっているかどうか確かめるのも忘れずに!

駐車場と交通規制情報

image005
祭り中の3日間は、10時から22時まで小野川の西部を中心に交通規制が敷かれるので、車で来場される方は気を付けてくださいね。

気になる駐車場ですが、利根川の河川敷に1000台分の臨時駐車場が設置される予定です。

太っ腹なことに無料なので、ぜひこちらを利用してください。

ちなみに祭り会場となる佐原は利根川の真南にあります。

利根川の支流の小野川沿いにあるけばすぐにつきます。

まとめ

佐原は『小江戸』と呼ばれるほど風光明媚な町としても知られています。

特に小野川沿いの道は古い商家が軒を連ね、柳の緑がさわやかに揺れる、本当に美しい場所なんです。

祭り期間中は利根川と接続している場所から船に乗ることができ、そのまま祭り会場まで行くことができます。

大人料金は1300円ですが、それ以上に価値のある風景を楽しめるはずです。

船からの風景を気に入ったら、ぜひ佐原の観光もしていってください。

佐原の町並みは重要伝統的建造物群保存地区に指定されるなど、古き良き時代を思わせる風景がそこかしこに残っています。

祭りばやしを聞きながら、ぶらぶら歩くのもいいものですよ。

スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , ,