お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

なまはげ柴灯まつり2017の日程と駐車場は?今冬なまはげに会いに

2016/10/21

なまはげ柴灯まつりは秋田県男鹿市の真山神社のお祭りです。

秋田県の行事「なまはげ」を生で見ることができますので、ぜひとも参加したいところですね。

今回は2017年のなまはげ柴灯(せど)まつりの詳細情報をお伝えします。

スポンサーリンク


なまはげ柴灯まつりってどんなまつり?

image001
なまはげ柴灯まつりは、秋田県の伝統文化である「なまはげ」と、真山神社の春の祭礼である「柴灯(さいとう)祭」が組み合わされたもので、昭和39年に始まりました。

なまはげとは鬼のような姿をした神の使いで、男鹿地方を中心に秋田県に伝わる伝統行事の主役です。

もともとは旧正月に家々に現れ悪い人がいないことを確認した後、その家に祝福を与えるという存在でした。

家主はなまはげをお酒でもてなし、丁重に送り返します。

悪い子はいねがー」という言葉には、皆さま聞き覚えがあるのではないでしょうか。

そんななまはげは、真山神社からやってくるとされています。


そのため真山神社では旧正月になるとお餅を柴灯で炙り、五穀豊穣などを願って神様に捧げます。

最古の記録は平安時代末期にまでさかのぼる、非常に古い祭礼です。

この二つの伝統行事を観光客向けにアレンジしたのが「なまはげ柴灯まつり」というわけなんですね。

日程・時間とアクセス・駐車場情報

image003
なまはげ柴灯まつりは毎年2月の第2金、土、日曜日に開催されます。

2017年は2月10日から12日が開催予定日に当たっています。

夜のお祭りなので始まるのは18時ごろから。

終了は20時過ぎになりそうです。

公共交通機関を利用してアクセスする場合は、まずはJR男鹿線の「男鹿駅」を目指しましょう。


男鹿駅から会場である真山神社までの臨時バスが出ています。

徒歩で行ける距離ではないので、必ずこのバスを利用するようにしてください。 

また臨時バスは男鹿駅の他に、「男鹿温泉交流会館」からも出ます。

男鹿温泉郷からアクセスする人はこちらを利用しましょう。

車でアクセスする場合は秋田県道「昭和男鹿半島」インターチェンジが最寄りのインターチェンジです。

ここから約40分で会場に着きます。

駐車場は「なまはげ館」、「なまはげオートキャンプ場」など周辺施設のものが臨時に解放され、500台強停めるとこができます。

神社から少し離れた場所にある駐車場もありますが、無料のシャトルバスを利用できるので安心してください。

ただどの駐車場を使った場合でも、お祭りの協力金として1000円かかります。

スペースにも限りがあるため、できるだけ公共交通機関を利用したほうがよさそうです。

スポンサーリンク


なまはげ柴灯まつりの見どころ

image005
なまはげ柴灯まつりが行われる約2時間の間は、一から十までなまはげづくしです。

特に見ごたえがあるのはお祭りのクライマックス、「なまはげ下山」でしょう。



松明を手にしたなまはげが山から下りてきて、神社の境内を練り歩いた後、神の元へ帰っていきます。

真冬の夜、真っ暗な中を松明のぼんやりとした灯が徐々に近づいてきて、恐ろしい顔のなまはげが列を作ってしゅくしゅくと歩いて行くさまは非常に幻想的です。

周囲には雪が積もっているのですが、それがまたどこか現実離れした光景を補強しているかのようです。

まとめ

どんなお祭りや伝統行事にも言えることなのですが、知識として知っていることと実際に見て体感して得ることができるものは全く違います。

日本には様々な伝統文化、お祭りがあるので、興味があるのであれば調べるだけでなくぜひとも実際に体感してみてください。

なまはげ柴灯まつりは、そんな文化の体験をしっかりとすることができるおまつりです。

観光客向けに多少のアレンジはされているものの、古くから男鹿地方に伝わるなまはげを生で体験できる機会というのはやはり貴重です。

なまはげは少し怖いですが、ぜひともご家族そろって参加してみてくださいね。


スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , ,