お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

記念日

文化財防火デーの由来は?文化財保護法と消防訓練との関係は?

寒い日が続くとついつい暖房器具に頼ってしまいますよね。

しかし、扱いに十分気を付けないと乾燥した空気も手伝って火事が起こってしまうかも。

1月26日の文化財防火デーはそんな不意の火事から文化財を守ることと、国民の文化財に対する意識を高めることを目的として制定されました。

2000年以上にわたる歴史の中で先人から受け継がれてきた文化財を守るにはどうすればいいか、この日を通じて考えていきましょう。

スポンサーリンク


文化財防火デーとは?

image001
文化財防火デーが制定されたのは1955年のこと。

きっかけは1949年に起こった法隆寺の火災です。

法隆寺は言うまでもなく日本最古のお寺であり、飛鳥時代に造られた仏像や壁画が今なお残る、日本を代表する文化財の一つです。

特に金堂に残された壁画は世界的にも貴重な作品の一つでした。

しかし、1949年1月26日の早朝に起こった火事によってほとんどが消失してしまいます。

この火事は日本では文化財保護の意識がとても低いということや、貴重な遺物であってもほんの不注意で永遠になくなってしまうということを明らかにしたのです。

この流れを受け、文化財保護委員会(現文化庁)と国家消防本部(現消防庁)は1月26日を文化財防火デーに定めました。

50年以上前に制定された記念日であるものの、現在でも毎年この日にあわせて文化財を保護するためのイベントが行われています。

文化財保護法との関係と消防訓練

image003
文化財防火デーを考えるうえで忘れてはいけないのが、1950年に制定された文化財保護法です。

こちらも制定のきっかけは法隆寺の火災

内容は、簡単にいえば文化財を保護するための費用の一部を国が負担するというものです。

この法律が制定されたことで、それまで違う法律によって保護されていた重要史跡と美術品を総合的に保護することが可能になり、よりスムーズに文化財の保護を行うことができるようになりました。

毎年文化財防火デーでは全国の文化財で消防訓練が行われています。



一部の文化財では訓練の見学をすることができます。

2017年の文化財防火デーは木曜日。

残念ながら平日なので、なかなか見に行けないとは思いますが、興味があり、かつ予定が合う方はぜひ足を運んでみましょう。

時期が近づくと自治体のホームページなどで訓練の詳細が発表されます。

こちらも忘れずにチェックしておきましょう。

意外と近所のお寺や史跡で見学ができるかもしれませんよ。

まとめ

文化財防火デーが制定されて50年以上たつ現在ですが、実は法隆寺の火災以降日本の国宝は焼失していないんです。

文化財を管理されている方々のたゆまぬ努力や、国民一人一人の意識向上のたまものと言えそうですね。

日本では近代以降、幾度か文化財がないがしろにされていた時期がありました。

幕末には芸術品の多くが海を渡りましたし、戦争中空爆にさらされた文化財も数多くあります。

そんな歴史を潜り抜けるように今に伝わっている文化財は、とても貴重なものだと思いませんか?

今も、そしてこれからもそんな貴重な文化財が無くなってしまわないように日ごろから文化財保護の意識を高く持っておきたいですね。

スポンサーリンク


-記念日
-, , ,