お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

お正月 年末年始

書き初めの意味と由来は?書き初めに使う筆や半紙のサイズは?

皆さんは「書き初め」をやったことはありますか?

一昔前までは、冬休みの宿題に必ず登場していたそうですが、年明け最初に字を書くという不思議な文化の由来はなんなのでしょうか。

今回は知っていそうで知らない書き初めの意味や由来をご紹介します。

学生の時以来書道筆を握っていないという人でも、由来を知れば久々に墨を摺りたくなってくるかもしれませんよ。

スポンサーリンク


書き初めの意味と由来は?

image001
書き初めは1月2日、元旦に汲んだ水で摺った墨を使って一年の抱負や座右の銘を書くという行事です。

本来は宮中に仕える人たちが行っていた行事で、一般に広まったのは識字率が急激に上がった江戸時代だといわれています。

また明治維新後、小学校教育が義務教育になったことで、日本全国に広まりました。

書き初めをした後は、書いた紙を学問の神様や神棚に供えることも忘れてはいけません。

お供えをすることで、書いた目標を達成することができると考えられていたからです。

また、1月11日のどんど焼きで縁起物と一緒に紙を燃やすことで、きれいな字が書けるようになるともいわれています。

書き初めはいつどんな文字を書くの?

image003
書き初めを行うのは前にも書いた通り、1月2日です。

この日は「仕事始めの日」ともいわれており、新年の抱負を宣言するのにぴったりな日だといえるからです。

書き初めでは一年の目標や座右の銘が書かれることが多いですが、特にこれといった決まりはないので、難しいのであれば簡単なものでも大丈夫です。

ただ、長すぎるものは好まれず、通常1,2,4文字の単語が選ばれます。

特に書きたい言葉が思いつかないのであれば、「謹賀新年」、「迎春」など新年を祝う言葉を書きましょう。

スポンサーリンク


書き初めに使う筆や半紙のサイズは?

image005
書き初め用の半紙って、普通の書道で使う半紙よりも大きいですよね。

実は明確に「書き初め用」とされている半紙も一種類ではなく、「東京判」、「千葉判」、「埼玉判」、「三枚判」など様々な種類があるようです。

趣味で書くのであればそれほどサイズを気にしなくてもよさそうですが、コンテストなどに出場する場合は規約で設定されているものを間違いなく用意する必要があります。

念のため、予備の半紙を用意しておいた方が安全でしょう。

書き初め用の筆も、半紙のサイズによって変えたほうがいいようです。

文字数が少ないのであれば太い筆で力強く書くのが望ましいですし、逆に二列になるようなら細い筆のほうが書きやすいですよね。

一般的な書道用の筆は「七号」というサイズなので、筆を持っていないという方はまずは七号の筆でチャレンジするのがおすすめです。

書いてみてしっくりこないのであれば、大きさを変えたり素材を変えたりしてみましょう。

まとめ

新年を迎えるにあたってひそかに目標を決めるという人は多そうですが、それを目に見える形にすることでより一層「達成しよう」という意欲がわいてきますよね。

また、パソコンやスマートフォンが普及した現在、筆や鉛筆を持つ機会も減っています。

たまには筆で「自分の字」を書いてみるのも面白そうですね。

墨のにおいやよごれが気になる方も、新年くらいは書道をやってみませんか?

書道は日本文化の最高部門の一つとされています。

筆をとればあなたも文化の担い手。

恥ずかしがらずに思いっきり書いてみてくださいね!


スポンサーリンク


-お正月, 年末年始
-, , ,