お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

お正月 年末年始

年賀状を夫婦連名で出す時の宛名の書き方は?返信と夫婦別姓の時は?

年賀状離れが叫ばれて久しい今日ですが、それでも大人になれば出さざるを得ない相手というのが増えます。

そんなとき困るのが宛名や署名のルール。

年賀状を夫婦連名で宛名を書くときなど、子供の時には気にしなかったことで悩む機会も増えるのではないでしょうか。

そこで今回は、年賀状の宛名を夫婦連名で書く時に気を付けるべき事柄について書いていきます。

スポンサーリンク


年賀状を夫婦連名で出す時の宛名の書き方は?

image001
まず、一番大切なことは、「必ずしも夫婦連名で書かなければならないわけではない」ということです。

目上の人だろうが親戚だろうが、夫婦連名で書かないとマナー違反になるというわけではないんです。

ただ、夫婦ともに親しくしている相手に出すにもかかわらず、片方の名前しか宛名に無いと、もう片方の方はすこし淋しく感じるのではないでしょうか。

また、逆に宛名に自分の名前があればうれしく感じてもらえるはずです。

そのため、面識があったり日ごろからお世話になっているという印象があるのなら、夫婦連名で出すことが望ましいといえるでしょう。

では、夫婦連名の宛名の書き方を解説していきます。

一番右に住所を書いた後、まずはいつも通り「世帯主」の名前を住所を書いた文字より大きめに書きましょう。

敬称も忘れずに。

そのすぐ横に奥さま、もしお子様の名前も連名にするなら奥さまの横に続けます。

ここでは敬称はいりますが、名字は省略します。

もしお子様がたくさんいらっしゃるなどの理由で収まりきらなかった場合は、思い切ってご夫婦だけの連名にするか、世帯主の横に「○○家ご一同様」と書きましょう。

image003
※あて名書きは基本的に縦書きで出しましょう。

特に目上の方への年賀状は縦書きがマナーです。

※敬称の位置はそろえましょう。

年賀状の差出人が夫婦連名で来た時の返信の仕方は?

image005
年賀状を出していない人から年賀状が届いた時、少しばつの悪い思いをしながら急いで年賀状を出しますよね。

ふとその年賀状の署名が夫婦連名になっていると、迷うのが返信の宛名です。

ご夫婦ともに付き合いがあるのならもちろん宛名も連名で出したいですが、どちらかとしか面識がない場合は悩みどころですね。

結論から言うと、連名で出された年賀状なのですから、当然返信の宛名も連名にすべきです。

ひょっとしたらご家族を紹介する意図があってあえて連名にした可能性もありますし、連名にしてはいけない理由はありません。

スポンサーリンク


年賀状を出す相手が夫婦別姓の場合の書き方は?

image007
現在の憲法では原則的に夫婦は同じ姓を名乗らなくてはならないことになっています。

しかし、結婚後も同じ性を名乗らないご夫婦がいないわけではありませんし、最近はそういう選択をするご夫婦も増えています。

そんなご夫婦に連名で年賀状を出す時は、本来であれば省略する奥さまの名字を省略せずに書きましょう。

image009

まとめ

今回は夫婦連名での宛名書きのルールをご紹介しましたが、年賀状の書き方には他にも様々なルールがあります。

例えば、修正ペンやシール、二重線で修正しない、ふさわしい敬称を書くなどですね。

もし間違えてしまった場合も、郵便局で手数料を払えば交換してもらえるので、そちらに新しく書くといいですよ。

古くから続く伝統があるだけに、ややこしいルールに気を使う必要がありますが、これも様々な年齢、世代の人を不快にさせないためにあるんですね。

面倒くさがらず、勉強するつもりで一つ一つ身に着けていきましょう。


スポンサーリンク


-お正月, 年末年始
-, , ,