お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

病気

風邪を引いた時の関節痛の原因は?和らげ方や治し方はあるの?

風邪を引いた時、よくある症状として関節痛をあげることができます。

ただでさえ体調が悪いときに節々が痛むと辛いことこの上ないですが、いったいなにが原因で関節痛が起こっているかご存じでしょうか。

今回は気になる風邪を引いた時の関節痛の原因を解説していきます。

スポンサーリンク


風邪で関節痛が起きる原因は?

image001
風邪を引いた時に出る症状の多くは、風邪の細菌やウイルスが原因ではなく、体の免疫作用が原因であるという事は皆さまご存じだと思います。

例えば発熱は細菌を殺すため、くしゃみは細菌を追い出すため、といった感じですね。

関節の痛みも同じく、ウイルスや細菌が原因ではないと考えられています。

具体的にいえば、免疫作用が働いているときに分泌される「PGE2」という物質が原因のようです。

なぜこのPGE2が風邪を引いた時に分泌されるかといいますと、体内に異物が侵入した時にそれを全身に知らせる「サイトカン」という物質が原因なんです。

このサイトカン、異常を全身に知らせてくれるのはいいのですが、過剰に分泌されると臓器の機能に差し障るという副作用があるんです。

PGE2はこのサイトカンが大量に分泌されるのを防ぐ役割があるんですね。

つまり関節痛はある意味、免疫作用がちゃんと活動しているあかしともいえるんです。

不快ではありますが、あまり心配しすぎることはなさそうです。

風邪で熱はないけど関節が痛いのはどういう状態なの?

image003
よく誤解されることなのですが、風邪を引けば必ず発熱が起こるというわけではありません。

また、どのタイミングで熱が上がるかというのも予測できないものです。

もし現在風邪を引いているのに熱が無いのだとしても、放置していれば熱が上がることもありますし、逆にすでに熱が一度出て今はいったん下がっているだけかもしれません。

そのため、関節痛やほかの風邪の初期症状が出ている場合は、熱が無いのだとしても楽観してはいけません。

経過を慎重に観察し、医者に相談するようにしましょう。

また、関節痛はインフルエンザの初期症状としてよく出ます。

秋や冬などインフルエンザが流行しているタイミングで関節痛が起こった場合は、速やかに医療機関にかかりましょう。

スポンサーリンク


風邪の関節痛の和らげ方と治し方

image005
前にも書きましたが、風邪の関節痛はあくまで免疫作用の副作用によるもの。

そのため例えばPGE2をせき止めるような処置をとることはできません。

かえって命が危険にさらされることになります。

そのため、まずは風邪を治すことを第一に考えるべきでしょう。

水分をとって安静にし、風邪薬を服用したりお医者さんに相談したりしてください。

あまりにも辛い場合は鎮痛剤を服用してもいいでしょう。

病院で相談すれば処方してもらえるかもしれませんし、一般の風邪薬にも鎮痛作用が含まれているものがあります。

市販薬は処方薬と飲み合わせにならないよう、医療機関とよく相談してから服用してくださいね。

また、指の爪には関節痛に効くツボがあるといわれています。

爪の生え際をほぐしたり、両脇を刺激したりすると楽になるかもしれません。

つらい時は試してみてください。

まとめ

冬が近づくにつれて空気が乾燥すると、空気中で細菌やウイルスが繁殖しやすくなるため、風邪がはやるようになります。

風邪は普段の生活習慣の工夫である程度予防することができるので、手洗いやうがい、十分な休息を普段から忘れないようにしたいものですね。

体の抵抗力を落とさないことも重要なので、いつも以上に栄養バランスに気を使ったり乾燥に気を付けたりすることも忘れないようにしましょう。

また、関節痛のように一見風邪の症状だと思われがちなものが、実は重篤な病気のサインだったということもまれにあります。

症状が長く続く場合やどんどん悪化していく場合は、速やかに病院にかかるようにしてください。


スポンサーリンク


-病気
-,