お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

ファッション

ニット帽のかぶり方!メンズとレディース・ショートとロング別に解説

2016/10/15

帽子の中でもニット帽は男女を問わず必須アイテムです。

今冬も大流行の予感のニット帽、かぶり方はもうマスターされていますか?

何も考えずに被るより、ポイントをきちんと押さえて被った方がすっきりと似合って見えるはず。

今回はニット帽の基本的なかぶり方や、髪型に応じたコツなどをご紹介します。

こちらを参考に、よりニット帽が似合うコーディネートを模索してみてくださいね。

スポンサーリンク


ニット帽のかぶり方 メンズ編 レディース編

image001
ニット帽は頭の後ろに当たる部分からかぶせるようにかぶるとうまくかぶることができます。

まずはしっかりと後頭部を覆い、バランスを考えながら少しずつ前に来る部分を調節します。

下の動画も参考にしてください。



てっぺんにポンポンが付いているタイプは、ポンポンが後ろに行くように流しましょう。

さて、ここまでは男女共通の部分。

しかし、これ以降は男女で少しコツが違ってきます。

メンズの場合は、浅くもなく、深くもないかぶり方を意識してください。

目を中心に、顔の上部(目~帽子)と下部(目~顎)1対1のバランスになるようにするとうまくいきます。

耳は上半分をしまい、下半分を出すようにします。

バランスが取れたら、改めて顔全体を見てください。

どうしても変になってしまうようなら、ニット帽の大きさがあっていないかもしれません。

少し大きめのサイズに変えてみましょう。

レディースの場合、バランスのとり方は二種類あります。

一つは前髪ぎりぎりまで深くかぶってしまう方法。

もう一つはおでこのきわまで出し、浅めにかぶる方法です。

また、耳を出すと可愛らしい印象に、隠すとクールな印象になります。

髪型や輪郭、顔の印象などでピッタリなバランスは変わってくるので、いろいろ試してみることをお勧めします。

ショートヘアとロングヘアの場合のニット帽のかぶり方

image003
髪型はファッション全体の印象を変える要素の一つ。

ご自分の髪型と調和した服装や着こなしをしていきたいものですよね。

ニット帽も、髪型に応じてふさわしいかぶり方やそうでないかぶり方があります。

ショートヘアの方はバランスのとり方が難しく、帽子の着こなしにいつも苦労されているのではないでしょうか。

うまくバランスをとるためには、前髪やサイドの髪をうまく利用しましょう。

ボリュームが出ないのであればできるだけ髪を目立たせるようにします。

また、浅くかぶった方がキュートな印象が出るのでおすすめです。

逆にロングヘアの方は、重い印象が出ないように苦労されていらっしゃることでしょう。

コツは髪をまとめるのかおろすのかを、まず初めに決めておくことです。

もしまとめるのであれば、ニット帽を浅めにかぶった方がいいでしょう。

すっきりとした印象を出すために、耳も出しておいた方がいいです。

逆におろすのであれば深めにかぶった方が、ぐっと印象がよくなります。

スポンサーリンク


ニット帽をかぶる時に前髪はどうする?

image005
ニット帽をかぶるときに誰もが迷うといっても過言ではない、前髪

ファッション誌なんか見ていると、半々くらいの割合で出している人としまっている人がいますよね。

いったいどちらが正解なのでしょうか。

結論から言うと、どちらでも正解なんです。

というのも、出すのとしまうとでは印象が大きく異なるんですね。

目指すスタイルによってどちらにするか決めましょう。

ただ、メンズの場合は前髪を出すと幼い印象が出てしまうかもしれません。

迷うのであれば、無難にしまっておいた方がいいでしょう。

レディースの場合、前髪も耳と同じく出せばキュートな、しまえばクールな印象になります。

もし前髪を出すのなら七三やセンター分けよりも、8対2や9対1に分けたほうが垢抜けた印象になります。

まとめ

ニット帽はカジュアルなシーンであればほとんどのアイテムと組み合わせることができる万能な帽子です。

色やデザインが違うものをいくつか持っておき、シーンごとに組合せを変えればまさに鉄壁と言えそうですね。

特に秋から冬にかけては引っ張りだこになるはず。

流行を抑え、一番似合うものを手に入れておきましょう。

また、どうしてもニット帽が似合わないという人は、つば付きタイプのニット帽を試してみましょう。

小顔効果があるため、人を選ばずに使えるアイテムです。

持っていない人は一つ持っておいてもいいかもしれませんね。


スポンサーリンク


-ファッション
-, , ,