お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

年末年始 忘年会

忘年会の上手い断り方!職場・友達や取引先・当日など場面別にまとめ

2016/10/15

今回は忘年会に使える断り方をご紹介します。

新人社員から偉い役員さんまでほぼ強制参加の忘年会。

実は行きたくない人も多いと思います。

でも不参加にするにはそれなり理由がいりますよね。

今後の仕事に差しさわりが無いよう、後腐れの無いうまい言い訳を身に着けてくださいね。

スポンサーリンク


職場や友達との忘年会の上手い断り方

image001
職場や友達との忘年会は、幹事でもない限り本来は自由参加のはずです。

つまり、行きたくなければ断ってもいいんです。

ただ、社会人としての付き合いも兼ねていますから、断るのにはちゃんとした(?)理由が必要なんですね。

代表的な断り方は、仮病、用事、有休の三つです。

仮病は当日の断り方のところで詳しく説明しますので、ここでは省きます。

まずは「用事」。

忘年会と、どうしても外せない用事がたまたまかぶってしまったというパターンです。

身内の結婚式や法事などが王道ですね。

ただこちらは何度も使えないという欠点もあります。

また嘘だとばれないよう、誰に聞かれても同じ返答をしなくてはなりません。

例えば一度「友人の結婚式で」といって断ったなら、別の人に理由を聞かれても同じように答えるべきです。

理由が架空のものである場合、つじつま合わせに苦労するかもしれません。

ぼろが出てしまうと今後の人間関係に影響するため、慎重に答えるようにしましょう。

上手く嘘をつけない人は、特に理由を言わず「先約があるので」、「家庭の事情で」と断るのもいいでしょう。

会社内での忘年会だと、有休をとるというのもよさそうです。

忘年会当日に有休をとり、そもそも会社に行かないようにするというわけですね。

意外と使っている人が多い断り方ですよ。

もし取れそうならば、有休を申請してみましょう。

他にも、友達同士の忘年会であれば「お金がない」、「最近飲み会が多いので控えたい」という赤裸々な言い訳でもよさそうです。

ただ、間違っても社内の忘年会では使わないようにしましょう。

得意先や取引先との忘年会の上手い断り方

image003
社内外での仕事によっては、得意先や取引先の忘年会に誘われることもあります。

他社であるだけに、断ろうにも断りにくいなんて思っていませんか?

ただこちらも強制参加ではないはずです。

断っても問題はありません。

ただ、会社にとっては重要なお客様からのお誘いを断るわけですから、今後の付き合いに差しさわりが無いように断るべきです。

できれば行きたかったが、どうしても行くことが出来ない」という思いを前面に出すことが重要です。

具体的な理由は極力出さず、「一身上の理由で」、「どうしても外せない理由があり」などのワードをうまく活用していきましょう。

向こうも遠慮があるはずなので、あまり突っ込んだ質問はしてこないはずです。

断るだけでなく、次回は参加したいなど一言添えればよりよさそうです。

また重要なのが、早めに不参加の意思を伝えるということ。

直前にキャンセルしてしまうと向こうの予定が狂ってしまうかもしれません。

直接顔を合わせる機会がなかなか無い場合は、メールで断ってもいいでしょう。

スポンサーリンク


忘年会当日の上手い断り方

image005
事前に都合のいい日程を聞かれるなどした場合は、事前に断ることが難しいかもしれません。

その場合は少し相手にとっては迷惑なものの、当日にキャンセルするというのもアリでしょう。

この場合は突然参加できなくなった正当な理由が必要です。

ここで多く使われるのは仮病です。

自分だけでなく、家族や子供を巻き込んで嘘をついてもいいでしょう。

子供を看病する必要があるという人を、無理やり忘年会に参加させようという人はあまりいないはずです。

また、当日突然親が遊びに来た、親族が倒れたなどもよく使われる言い訳です。

あまりやりすぎるとばれるので使うのはほどほどにしましょう。

ただ、当日に断るとキャンセル料がかかることがあります。

できれば避けたいところですね。

まとめ

忘年会を断るときに絶対にしてはならないのが、あいまいな態度をとるということです。

行きたくないのなら、誘われた段階でしっかりと断りましょう。

あいまいな態度は相手をいらいらさせますし、かえって断りにくくなってしまいます。

間髪入れず断ることで、相手も何か理由があるんだな、と察してくれるはずです。

ただ、絶対に行きたくない!というわけでないのなら参加してみるのもいいかもしれませんよ。

特に新入社員の方なら普段はあまり会う機会のない人たちと積極的にコミュニケーションをとれるチャンスです。

自分の交友や知見を広めることができるまたとないチャンスともいえるんです。

迷っているようなら思い切って参加してみましょう。


スポンサーリンク


-年末年始, 忘年会
-, ,