お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

会津まつり2016年の開催スケジュールは?藩公行列のゲストは誰?

2016/10/15

現在の会津若松市は、江戸時代のころ会津藩の城下町でした。

会津藩は日本の数多くの藩の中でも特に強く豊かなところとして知られ、領民はみな藩主に感謝していました。

現代でもなおその精神は受け継がれ、毎年秋に会津藩時代をしのぶお祭りが開かれます。

今回はそんな、2016年に行われる会津まつりについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク


会津まつりの開催スケジュールは?

image001
会津祭りはルーツをさかのぼれば1928年、お祭りとして定着したのは1953年から始まる長い歴史があります。

その中で、たびたび様相は変わりましたが、現在は9月の下旬に3日間通して行われるのが定番になっています。

その三日間の中で、大小様々なイベントが行われます。

今年は9月23日(金)から25日(日)が開催期間となっています。

代表的なイベントの開催日時をいかにまとめましたので参考にしてください。


イベント名日時時間場所
会津磐梯山踊り9月23日(金)・24日(土)19:00~20:30神明通り
提灯行列9月23日(金)18:00~19:00鶴ヶ城本丸出発~神明通りまで
日新館童子行列/鼓笛隊パレード9月24日(土)10:00~12:30中央通り~神明通り~鶴ヶ城本丸
会津藩公行列9月25日(日)9:25~16:00鶴ヶ城本丸・神明通り・中央通り他市内一円

会津藩公行列と2016年のゲスト

image003
さて、会津まつりのハイライトといえば、毎年最終日に行われる会津藩公行列。

会津藩時代の格好をして、市内を練り歩くイベントです。

甲冑や着物を着た人たちが勇壮に歩き回るさまはとても華やかで魅力があります。

会津藩の歴代藩主や、藩にゆかりがある人たちの格好をする人もいるそうで、歴史談話に花が咲きそうですね。

ところで、この会津藩公行列は、特別ゲストが招かれることも大きな話題になります。

基本的に会津若松や福島県にかかわりが深い方が選ばれるのが通例で、直近だと綾瀬はるかさんが2014年度と2015年度、二年連続で選ばれています。

2015年度のパレードの様子は以下の動画から。

お祭りの賑わいようも伝わってきますね。



混乱を避けるためか、ゲストの発表はお祭り直前に行われるとのこと。

2016年のゲストはまだ不明ですが、誰が選ばれるのか予想するのも楽しいですね。

スポンサーリンク


駐車場と交通規制情報

image005
会津まつりには毎年大勢の参加が予想されているので、できれば公共交通機関を利用したいものです。

どうしても車で参加する場合は、駐車場を確保すること。

毎年無料・有料問わず複数の駐車場が用意されます。

特に無料駐車場は行列ができるくらい奪い合いになりますので、とにかく早めに現地入りすることを心掛けましょう。

また、会場周辺は毎年交通規制が敷かれます。

特にお祭りの最終日、藩公行列の時はパレードの行く先々で規制がかかります。

駐車場付近も規制の対象になる恐れもありますので、情報には常に注意を払ってください。


まとめ

会津若松市は、今でこそ観光名所となり、毎年多くの人が訪れる町になっています。

しかし、戊辰戦争に負けた後は賊軍として貶められ、その名誉回復に奔走した過去があります。

会津祭りには、会津藩が最も輝いていた時代をほうふつとさせ、住人の誇りや町の栄光を私たちに伝えるものがあります。

会津まつりに参加されるときは、会津若松の数奇な歴史に思いをはせてみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク


-祭り
-, , , ,