お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

東京新虎祭り2016の開催場所と日程は?見所は東北六魂祭パレード

2016/11/05

日本各地で伝わっているユニークな伝統文化。

先人たちがつないでくれた伝統をいつまでも大切にしていきたいですよね。

東京新虎まつりは2016年から新しく始まる、東京や東北の伝統文化を伝えるお祭りです。

グローバル時代として国と国の違いが薄れていっている今日であるからこそ、大切にしたい「日本らしさ」。

東京新虎まつりに参加して、日本の文化の魅力を再確認してみませんか?

今回は東京新虎まつりの概要や見どころをご紹介します。

スポンサーリンク


東京新虎まつりとは?

image001
新橋と虎ノ門をつなぐ目抜き通り、通称「新虎通り」は2020年の東京オリンピックにおいて中心となるなど、これからますます国内外から注目されるエリアになっていくことが予想されています。

そんな新虎通りで東京や東北の文化の魅力を発信することが、東京新虎まつりの目的です。

東北の伝統芸能を紹介する「東北六魂祭パレード」がお祭りの最大の見どころなのですが、それ以外にも地域の名物料理の紹介やトークショー、パレードなど目の離せないイベントが目白押しです。

開催日程と会場へのアクセス情報

image003
東京新虎まつりは2016年11月19日(土)と20日(日)の二日間が予定されています。

会場は主にトークショーなどが開催される「虎ノ門ヒルズ」、パレードが開催される「新虎通り」、名物料理などが振舞われる「港区立南桜公園」の三か所。

最寄り駅は東京メトロ銀座線の「虎ノ門駅」もしくはJR、東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線の「新橋駅」です。


東京新虎まつりの見どころ 東北六魂祭パレード

image005
様々なイベントが目白押しの東京新虎まつりですが、その最大の見どころは東北六魂祭パレードだと言えそうです。



このパレードは、もともとは東日本大震災の復興をテーマに仙台ではじまりました。

2011年から1年ごとに開催都市を変え、2016年青森市で行われたパレードをもって東北の6つの県すべてで開催された形になります。

スポンサーリンク


そこで今回初めて東北を離れ、東京でも行われることになったということなんですね。

パレードは東北の6つの県をそれぞれ代表する踊りで構成されます。

青森のねぶた祭りや仙台の七夕まつり、秋田の竿燈まつりなど誰もが知っているような有名なものばかり。

踊り手はなんと300人、素晴らしく迫力あるパレードになること間違いありません。

普通は東北でしか行われない東北六魂祭の興奮を、東京で味わうことができるまたとない機会ですので、ぜひとも直接観たいものですよね。

ただ、観覧には事前の応募が必須なので、忘れずに応募しましょう。

応募は公式ホームページの受付窓口からか、はがきの送付かで行うことができます。

パレードは午前10時15分からと午後3時からの二回実施される予定ですので、都合のいい時間帯を選んで応募しましょう。

東京新虎まつり 公式ホームページ


まとめ

普段日本で暮らしているとなかなか気が付きにくい日本文化の魅力。

2020年の東京オリンピックに向けて、世界から関心が集まることも予想されますので、この機会にその魅力を再確認しておくのもいいかもしれませんね。

また、日本文化で忘れてはならないのはゲームや音楽、アニメといったサブカルチャー。

こちらも日本文化の魅力を語る上では欠かせない切り口といえます。

東京新虎まつりではこのような「新しい」日本文化について考える機会も用意されています。

日本文化のいろんな側面を考えたい人も、ぜひ東京新虎まつりに足を運んでみてくださいね。


スポンサーリンク


-祭り
-, , , ,