お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

ファッション

学生服やスーツ・コートに合うマフラーのおしゃれな巻き方のまとめ!

2016/10/15

冬のおしゃれは防寒具から。

コートだけでなく帽子やマフラーにも気を使いたいですよね。

特にマフラーは巻き方ひとつで簡単におしゃれになれる魔法のアイテムです。

そこで今回は定番の巻き方や流行の巻き方をご紹介します。

たかがマフラーとないがしろにせず、自分に合った巻き方を試してみてくださいね。

スポンサーリンク


学生服に合うマフラーのおしゃれな巻き方

image001
校則で服装が決められてしまう学生にとって、マフラーは数少ない自分の色を出せるアイテムです。

適当に巻くのではなく、流行の巻き方やお気に入りの巻き方で自分をアピールしてみてください。

学生向けの巻き方で真っ先に名前が挙がるのが、「かぎ結び巻き」です。



特に最近は結び目をあえて緩くするやり方が流行っています。

意外と長さがいるので長めのマフラーで挑戦しましょう。

また、「方リボン結び」はとてもキュートな巻き方。

学生のうちに試してみましょう。



方リボン結びは可愛らしすぎる、という方はかっこよさをより演出することができる「ボリュームネック」がおすすめ。

ボリュームネックはボリューム感があればあるほどかっこよく見えます。

長さも幅もそれなりのマフラーでやってみましょう。

スーツやコートに合うマフラーのおしゃれな巻き方

image003
いくらかっこいいスーツを着ていても、マフラーが適当だと台無しです。

スーツを着るときもおしゃれに気を配りましょう。

スーツを着ているときの定番は、「プレーンノット巻き」です。



別名「ネクタイ巻き」ともいわれ、ネクタイと同じように巻くのが特徴です。

華やかな雰囲気を演出したい方は「ジョルジナ巻き」に挑戦しましょう。

慣れていないとちょっと難しい巻き方かもしれませんが、覚えてしまえばいろんなシーンに応用ができる心強い味方になります。

寒い時に活躍するマフラーですので、当然コートとの相性も気になりますよね。

数多い巻き方の中でも特にコートにぴったりなのが「エディター巻き」です。



エディター巻きは印象がぐっとおしゃれになる他、マフラーの面積が広がるのでマフラーを使ったファッションをより楽しむことができる巻き方です。

そのためお気に入りのマフラーを目立たせたいという方にもぴったりな巻き方なんですよ。

スポンサーリンク


短いマフラーのおしゃれな巻き方

image005
最近ショートマフラーと呼ばれる、短いマフラーが流行っています。

特徴はその名の通り丈の短さ

服装全体に占める面積が少なくなるため、あまり主張せず様々なコーデに使うことができるんです。

ただ、短いだけあってあまりに複雑な巻き方は向きません。

といっても短いマフラーにぴったりの巻き方もあるんですよ。

定番は「ワンループ」。



長いマフラーでも定番の巻き方ですが、短いマフラーで試すとよりすっきりとした印象になります。

また、「うしろ結び」は短いマフラーの長所を最大限に引き出すことができる巻き方です。



この巻き方だと最終的に余るマフラーの部分がかなり少なくなります。

マフラーの面積を最小限にとどめ、ファッション全体のバランスを邪魔しないんですね。

首元のアクセントにマフラーを持っていきたい場合におすすめです。

まとめ

一口にマフラーといっても、様々な巻き方があるのにびっくりですよね。

絶対的に正しい巻き方というのは存在せず、その日のファッションや気分に応じて様々な巻き方を楽しんでみてくださいね。

また、同じ巻き方をしてもマフラーの素材や柄、太さや余らせた部分の長さなどでがらりと印象が変わります。

巻き方が同じだからといってアレンジしないのはもったいないですよ。

いつも同じような印象にならないよう、一工夫加えてみてください!


スポンサーリンク


-ファッション
-,