お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イルミネーション

御堂筋イルミネーション2016の開催期間と点灯時間は?最寄り駅は

2016/10/20

大阪市の大動脈御堂筋では、毎年「大阪・光の饗宴」と呼ばれるイルミネーションを見ることができます。

期間中は、なんばから梅田までのメインストリートが華やかに光り輝くんです。

一度行ったことがある人も行ったことがない人も、これを機に光のショーを見に行きませんか?

今回は大阪御堂筋のイルミネーションをご紹介します。

スポンサーリンク


御堂筋イルミネーションの開催期間と点灯時間

image001
2016年度の御堂筋イルミネーションは、11月20日(日)から2017年の1月9日(月)までの51日間にわたって開催されます。

点灯時間は毎日17時ごろから23時までです。

また、このイルミネーション企画に合わせて、大阪の「」を満喫することができるようにもなっているんです。

公式ホームページや近鉄の主要駅、観光案内所などで「光の饗宴 ミールクーポン」を手に入れましょう。

大阪・光の饗宴 公式ホームページ

11月19日(土)までに手に入れておけば、200円ほどお得です。

こちらを持っていれば、御堂筋イルミネーションの付近に出店する屋台で、大阪グルメを楽しむことができるんです。

イルミネーション期間はとても寒いので、温かいものを食べながら見て歩くのもいいのではないでしょうか。

会場への行き方と混雑情報

image003
御堂筋イルミネーションは、先ほども述べた通りなんば~梅田間で展開されます。

そのため、全部を見るにはなんばから北上するか梅田から南下するかが手っ取り早いです。

もちろん御堂筋線の「淀屋橋」、「本町」、「心斎橋」の各駅からでもアクセスは可能です。


車で見に行かれる際は、御堂筋線のルールを頭に入れておく必要があります。

御堂筋線は毎日とても交通量が多く、混乱を避けるために南から北への一方通行しか進むことが出来ないんです。

そのため車を使う場合、イルミネーションの鑑賞はなんば方面から行う必要があります。

また、特設の駐車場などは用意されていないので、散策する場合はどこか適当な駐車場を探す必要があります。

といっても大阪市ですので、値段を気にしなければ駐車場は見つかるはずです。

ただ、11月20日(日)は御堂筋全体で歩行者天国になります。

車では入ることができなくなりますので注意しましょう。

この御堂筋イルミネーションは、都会で開催されることもあって平日からそれなりに人が多いということは覚悟しておきましょう。

特に12月24日、25日を中心としたクリスマス付近、お正月や三が日などは例年たいへん混雑します。

この日じゃないとだめだという人以外は、避けたほうがよさそうです。

逆に冬期休暇がまだ始まっていない12月の初旬は比較的すいているようです。

混雑が嫌いな方はこちらの時期を狙ってみましょう。

スポンサーリンク


御堂筋イルミネーションの見どころは?

image005
御堂筋イルミネーションでは、全長4キロにおよぶ長い会場を8つに分けています。

その8つの区間で、それぞれ違うコンセプトのイルミネーションを楽しむことが出来ます。



ゆっくりと歩く中で、季節によって表情を変える樹木さながら色味を変えていくイルミネーションに出会うことができるでしょう。

普通に歩くと40分ほどかかってしまうほど広い会場ですが、ぜひゆっくりと歩きながら鑑賞していただきたいイルミネーションといえます。

大阪府立中之島図書館のイルミネーション

大阪市の光のショーは、なにも御堂筋だけで行われるわけではありません。

せっかく大阪まで来たのなら、ぜひ見に行っていただきたいイルミネーションがもう一か所あるんです。

そこは大阪府立中之島図書館


地下鉄御堂筋線の「淀屋橋駅」のほか、京阪「大江橋駅」、「なにわ橋駅」からでもアクセスができる、大阪を代表する近代建築です。

この図書館は、現在も実際に図書館として利用ができる他、レトロな外観、内観が非常に魅力ある建物なのですが、12月14日(水)から25日(日)の12日間はイルミネーションも楽しむことができるんですね。

それも今はやりのプロジェクションマッピングを利用してのイルミネーションです。

平日は19時から、休日は18時から30分刻みで見ることができますので、ぜひ一度見に行ってみてください。

スポンサーリンク


-イルミネーション
-, , , , , ,