お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

大晦日 年末年始

家族・カップル・友達と過ごす大晦日の過ごし方!海外との違いは?

2016/10/15

一年で最後の日、大晦日。

家族や恋人と一緒に、なごやかに過ごされる方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな大晦日のおすすめの過ごし方をご紹介します。

普通にしていては普段の日と変わらなくなってしまう大晦日。

特別な日にするために、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


大晦日の意味や由来 英語では?

image001
何気なく使っている「大晦日」という言葉ですが、なぜこのように呼ばれているかはご存じでしょうか。

晦日(みそか)とは三十日、つまり旧暦における月末を指します。

12月の晦日は一年の最後の日、最も重要な晦日なので「」をつけて呼ばれるようになりました。

こちらが日本における大晦日の語源といわれています。

大晦日は旧年と新年の境目の日であり、数多くの特別な行事が営まれる日でもあります。

平安時代ごろは真夜中に来る年神様をお迎えするために、一晩中起きているという習わしがありました。

また、除夜の鐘をつくという風習も、仏教の浸透とともに全国に広まったといわれています。

年越しそばが食べられ始めたのは江戸時代ごろからです。

ちなみに大晦日を英語に直すと「new year’s eve」といいます。

実は大晦日に特別なイベントを行うのは日本だけではないんです。

有名なのはニューヨークのタイムズスクエアでの年越しカウントダウンですが、類似するイベントは各地で行われています。

大晦日の真夜中に集い、たくさんの人と一緒に新しい年が来ることをお祝いするんですね。

大晦日の過ごし方 友達・カップル・家族と過ごす

image003
新しい一年を迎える日である大晦日。

普段通りの生活で、一日を消費するのは少しもったいないかもしれません。

どうせなら、大切な人と一緒に思い出を作るのもいいですよね。

最近は、新年を海外で迎えるという人も多いです。

海外はちょっと奮発しすぎかなという人は、家族でちょっといい温泉旅館やホテルで年越しを迎えるというのはどうでしょうか。

年末年始は忙しいというイメージがありますが、煩雑な家事から解放され、のんびりゆったりと迎えることができそうです。

ご友人同士で宿泊し、夜通し語り合って新年を迎えるというのもよさそうです。

その後、会うたびに話題にできる素敵な思い出になるはずですよ。

恋人と過ごすという方は、おいしいものを食べに行く、というのが鉄板ですね。

フランス料理やイタリア料理よりも、カニやフグなど和風の食事のほうが雰囲気が出ておすすめです。

また、なにも特別な場所に行く必要もないかもしれません。

一人暮らしをしているという人は、この日くらいは実家に帰ってみましょう。

ご家族と一緒に一年を振り返れば、おのずと来年の課題も見えてきそうですね。

スポンサーリンク


大晦日の過ごし方 日本と海外の違い

image005
日本では年越しそばや年の湯、そして初詣というのが伝統的な大晦日のコースでしょうか。

中には下着を新しいものに変えたり、第九を聞いたりという人もいらっしゃることでしょう。

また、日本各地で大晦日にしか行われない祭事などもありますので、そちらに参加するという人もいらっしゃるかもしれません。

特別なイベントを行って新年を迎えるという風習は、日本だけでなく海外にもあります。

風変わりなイベントも多く、例えばルーマニアではクマの仮装をして町をパレードしたり、オランダでは寒中水泳をしたりして新年を迎えるそうです

また、海外では「お正月」という考え方が薄いので、元旦ではなく、あくまでも新年を祝うことが目的であることが多いようです。

まとめ

今年もあとわずか、すでに大晦日の予定が決まっているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、大晦日を迎えるうえで、できればやっておきたいことが一つだけあります。

それは掃除。

それも普通の掃除ではなく、普段触らないところもピカピカにする、いわゆる大掃除ですね。

実は年末の大掃除も、もともとはすす払いと呼ばれていたれっきとした年中行事なんです。

やはり新年ですから、気持ちも部屋もきれいな状態で迎えたいと思いませんか?

旅行や初詣に行く前に、家の掃除は完了させておきましょう。


スポンサーリンク


-大晦日, 年末年始
-, ,