お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

お正月 年末年始

お年玉の金額の相場は?子供・親戚・孫など学年別年齢別のまとめ

2016/10/15

もらう側だった時はとにかく楽しみだったお年玉

渡す側になると、特に気を使うのが金額ではないでしょうか。

高すぎず安すぎない金額を考えるのは、結構大変ですよね。

そこで今回は最新の相場から、お年玉で渡すべき金額を解説します。

スポンサーリンク


お年玉の金額で縁起が良いのは奇数・偶数?

image001
まず大前提として、渡すべきではない金額があるということは理解しておくべきです。

お年玉といえども縁起を担ぐため、様々なマナーがあるんですね。

偶数は割り切れるから避けましょう、といわれるのは結婚式のご祝儀ですが、実はお年玉も偶数を避けるべきなんです。

これといった理由はなく、気にされないところは気にされないようなのですが、やはりマナーとしては知っておくべきでしょう。

ただ、偶数でも10と8は問題ありません。

また、奇数でも9は苦しみに通じる縁起が悪い数字なので避けましょう。

お年玉の金額の相場は? 子供にあげる場合(幼稚園~大学生)

image003
最新のお年玉の相場は、

年齢÷2×1000円

という公式ができています。

やはり年齢に応じて少しずつ金額をあげていくのがよさそうです。

また、ざっくりと幼稚園~小学年は1000円、中学年~高学年は3000円から5000円、中学生~高校生は5000円、それ以上は10000円を渡しているという家庭も多いようです。

上の公式で少し高すぎると感じた方はこちらを参考にしてみてくださいね。

かわいい我が子ではありますが、相応のお金にとどめておかないと甘やかしすぎてしまうことになりかねません。

10000円以上のお金を渡すのは踏みとどまった方がよさそうです。

スポンサーリンク


お年玉の金額の相場は? 甥・姪・孫にあげる場合

image005
お年玉は親戚が集まる機会でもあります。

当然、普段は会わない親戚の子供の分も、お年玉を用意しないといけません。

他人の子供である以上、ここは自分の子供の金額を決めるとき以上に悩んでしまいがちだと思います。

基本的な相場は、上に上げた自分の子供の場合と同じようです。

ただ当然親戚といえども他人ですので、お年玉と聞いて思い浮かべる金額にずれが出てしまう可能性もあります。

親戚間でお金のトラブルは避けたいですよね。

そこで、一度大人同士で話し合う機会を作ることが重要になってきます。

さすがに毎年話し合うのは大変なので、できればお子様が小さいうちに、ちょっとしたルールを作っておきましょう。

例えば一年ごとに1000円ずつ上乗せされていく、中学生までは一律5000円などですね。

上でご紹介した公式を使ってみるのもよさそうです。

まとめ

お金が絡むため、どうしても気を使ったり揉んだりしてしまいがちなお年玉。

最後に一つだけ、暗黙の了解になっているルールをご紹介します。

それは、新札を用意する、ということ。

お年玉もご祝儀の一種なので、当たり前といえば当たり前のことですが、子供はわからないだろうと思っておろそかにするのはマナー違反です。

銀行やATMでおろしたての新札をちゃんと用意してあげましょう。

もう一つ覚えておくべきなのは、お年玉というのは基本的に目上の人間が目下の人間に渡していたものということ。

いくらお世話になっているからといって、上司や先輩の子供にお年玉を渡すのはやめましょう。

どうしても渡したい場合や、向こうから渡してきた場合は金券や図書カードなどを包むのが無難です。

スポンサーリンク


-お正月, 年末年始
-, , , ,