お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

年末年始 忘年会

ホテルの忘年会へ参加する服装は?ドレスコードや服装以外の注意点!

2016/12/09

いよいよ忘年会シーズン、そんな時困るのが、忘年会がホテルで行われた時の服装ではないでしょうか?

忘年会と聞けば居酒屋で行うイメージがありますが、大企業などはホテルを貸し切って行うことが珍しくありません。

ホテルならスーツがよさそうですが、あくまで忘年会なのだから堅苦しすぎる気もしますよね。

かといって私服もTPOに合わないと感じてしまいます。

そこで今回は、ホテルで忘年会を行うときにぴったりな服装をご紹介します。

スポンサーリンク


ホテルでの忘年会へ参加する服装は?

image001
実は一口にホテルといっても、ホテルによってふさわしい格好というのがあるんです。

つまり、ドレスコードですね。

このドレスコードに従った服装をするのが、ホテルでの忘年会の鉄則です。

ドレスコードはホテルのホームページに乗っていることもありますし、仮に乗っていなくても電話すれば教えてくれます。

日本のホテルのドレスコードは主に三つ

格式が高い順に、「スマートエレガンス」、「カジュアルエレガンス」、「スマートカジュアル」に分類されます。

スマートエレガンスはドレスやダークスーツといった、いわゆる礼服に近い服装です。

なによりも格式が求められる格好なので、下品さを感じさせるものはNG。

スカートの丈や色使いにも注意が必要です。

カジュアルエレガンスは、ちょうどスマートエレガンスとスマートカジュアルの中間ですね。

カジュアルっぽさを残しつつ、きちんとした格好にも見えるような服装が適しています。

女性であればワンピースにジャケットを組み合わせたり、男性であればネクタイを少し派手目なものにしてみたり、といった感じですね。

男性のスーツは必ずしも黒にこだわる必要はなく、女性のアクセサリーもある程度なら派手でも大丈夫。

ただし、あくまでフォーマルな場に出て恥ずかしくない格好を志すことも重要です。

スマートカジュアルはそれほど礼服っぽさを出す必要はありません。

ただ、いつもの服装より一つ上の上品さを出しましょう。

女性であれば上品なワンピース、アクセサリーや小物で粋に決めたいものです。

男性はブレザーを忘れずに。パンツはチノパンでも大丈夫です。

ただし、着崩しはNG。

だらしない印象は絶対に持たれないようにしましょう。

カジュアルな服や私服がダメな理由

image003
ドレスコードとは、その場に合った服装をしていない人を締め出すために設定しているのではありません。

つまり、ドレスコードがあるからといって、ジーンズをはいていったらホテルへ入ることができない、というわけではないんです。

ただ、ドレスコードに準じた格好をしていくことで、周りから浮いたり恥ずかしい思いをしなくてすむようにしているのです。

また、忘年会の会場としてホテルが選ばれているのは、それだけたくさんの人に会えるということでもあります。

会社のお偉いさんや他部署の人も来るかもしれません。

そればかりか取引先の人も呼ばれている可能性があります。

ホテルとはフォーマルな場。

誰に会っても恥ずかしくない格好は必須なんです。

また、会全体の空気を悪くしないためにも、服装には必ず気を付けるようにしてください。

スポンサーリンク


ホテルでの忘年会で服装以外の注意点は?

image005
小物についても注意が必要です。

特に注意をしなくてはならないのは

寒い季節ですし、ブーツを履きたくなる気持ちはわかりますが、ホテルではブーツはNG。

特にふわふわのムートンブーツは絶対ダメです。

目安は足の甲の部分が見えるということ。

パンプスなんかが適しています。

ちなみに、頑張ってピンヒールを履く必要はありません。

ヒールは特になくても大丈夫です。

また、バッグにも注意しましょう。

普段から通勤に使っている、たくさんアイテムを入れることができるようなバッグは、確かに便利ですが忘年会には向いていないんです。

バッグもまたファッションの一部として、最低限のものがきっちり収まるものを用意しましょう。

色や形も服にぴったりなものを用意したいところです。

普段のバッグは、受付で預けることができるので心配しないでくださいね。


まとめ

忘年会は普通の飲み会と違い、あくまで会社の行事として参加すべきです。

そのためあまりにも羽目を外して騒ぎすぎたり飲みすぎたり、他の人としゃべらないなんてことはもってのほか。

これもつき合いと割り切って、周りの空気を乱さないように心がけましょう。

また、フォーマルな場に着ていくものがない人は、だれかから借りたりせず、これを機に一式そろえておいた方がいいです。

というのも、フォーマルな衣装が必要な場というのは忘年会だけではないですし、年齢が上がるにつれてどんどん増えていくはずです。

早いうちに必要なものをそろえて置くことで、着回しやアレンジのスキルも身に着けることができますよ。

スポンサーリンク


-年末年始, 忘年会
-, , ,