お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

クリスマス 年中行事

家でできるクリスマスイルミネーションの飾り方!電気代の節約は?

2016/10/15

最近はクリスマスシーズンなどにイルミネーションで家の外を飾り付ける人たちが増えてきましたよね。

うちもやってみたいなあ……なんて思っている人も多いのではないでしょうか。

ただ、どうやって飾るのか、電気代はどのくらいなのかを気にされている方もいるでしょう。

そこで今回は、自宅のイルミネーションのやり方や電気代を抑える方法についてまとめました。

スポンサーリンク


家でできるクリスマスイルミネーションの飾り方

image001
まず、近所のイルミネーションを見たり、有名なイルミネーションスポットの写真を参考にしたりして、ある程度どのようなレイアウトにしておくか決めておきましょう。

ホームセンターなどで店員さんに相談してみるのもよさそうです。

レイアウトが決まったら、実際に取り付けるイルミネーションを集めましょう。

実は自宅用のイルミネーションといっても様々な種類があるんです。

木に巻き付けたりできる「ストレートタイプ」、上から吊るす「カーテンタイプ」の他に、電極を使ってトナカイやそりなどの形が最初から出来上がっている「オブジェクト」、半透明の人形の中にライトが仕込まれている「モチーフライト」などの種類があります。

実際の取り付け方は下の動画を参考にしてみてください。



オブジェクトやモチーフライトは実際に光らせたいところに置くだけです。

特に電池式のものは場所も選ばないのでおすすめです。

クリスマスイルミネーションの電気代ってどれぐらいかかるの?

image003
クリスマスイルミネーションには作り方以外にも一つ大きな疑問がありますよね。

つまり、電気代はどのくらいかかるの?ということです。

飾りつけの範囲が広がれば広がるほど、イルミネーションが豪華になればなるほど電気代がかさむということはまず覚悟しておいてください。

どのくらい電気代がかかるのかはあらかじめ計算することができます。

公式は、商品のKw数×日数×1日の使用時間×電力量料金(Kwh)です。

電気量料金は電気会社や時間帯によっても変わってきますので、事前に確認しておきましょう。

また、普通ライトの消費電力は数wそこそこです。

Kwに直すために1000で割ることを忘れないようにしましょう。

だいたいどのくらい電気代がかかるか計算できましたか?

もう少し節約したいと思われる人もいらっしゃることでしょう。

そこで次に、簡単にできる電気代の節約方法をご紹介します。

スポンサーリンク


ソーラー充電式やLEDライトを使って電気代を節約しよう

image005
かつては白熱電球が主流だったイルミネーション。

皆様の中にも白熱電球の商品を買おうと思われている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、今からそろえるのであれば断然LED電球やソーラータイプのものがおすすめなんです。

LEDは白熱電球と比べ熱くなりにくいですし、丈夫で、長持ちします。

そしてなにより消費電力を5分の1ほどに抑えることができるんです。

また、LEDはお互いに連結することができるので、コンセントの数も最小限に抑えることができます。

ソーラー充電式のものはさらに安くなり、なんと電気代自体はかかりません。

最初に購入する際の商品代だけで済みます。

ただこちらはどうしても、曇りの日が続いたりすると光が弱くなってしまうという欠点はあります。

まとめ

見ているだけで楽しいイルミネーション。

簡単なものはもちろん、凝ったものになると毎晩前を通るのが楽しみになってきますよね。

最近はプロジェクションマッピングを利用するなどして、さらに雰囲気を盛り上げる人もいらっしゃいます。

ただ、美しいイルミネーションは時として事故を起こすということも忘れないようにしましょう。

漏電対策はしっかりと行い、ケーブルや電球は必ず防水性のものを選んでください。

家の中に飾り付けるものでも、念のために防水性のものを使った方が無難です。

安全対策をしっかりとし、近所で話題になるような素敵なイルミネーションにしたいものですね。

スポンサーリンク


-クリスマス, 年中行事
-, , , ,