お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イルミネーション

東京ドイツ村イルミネーション2016-2017のアクセスと見所?

2016/10/20

豊かな自然や四季折々のイベントが楽しめる東京ドイツ村

冬季に行われるイルミネーションは、関東三大イルミネーションに選ばれるほど評価が高いんです。

2016年は東京ドイツ村のにぎやかなイルミネーションを見て、童心に帰ってみませんか?

今回は2016年度の東京ドイツ村イルミネーションをご紹介します。

スポンサーリンク


東京ドイツ村イルミネーションの開催期間と営業時間

image001
東京ドイツ村のイルミネーションは、2016年11月1日(火)から2017年3月31日(金)まで開催される予定です。

期間が非常に長いですので、あえてクリスマスシーズンなど混みあいそうな時期をはずし、1月以降に見に行くのがおすすめです。

営業時間は9時30分から20時まで。

イルミネーションは日没後随時点灯される予定ですので、だいたい16時ごろから始まります。

最終入場は19時30分までなので、ある程度余裕を見てアクセスしたほうがいいでしょう。

アクセス・料金とイルミネーションの見どころは?

image007
東京ドイツ村は千葉県袖ケ浦にあります。

注意しておくべきなのは公共交通機関が利用しにくい場所にあるということです。

最寄り駅はJR「袖ヶ浦駅」、「姉ヶ崎駅」のいずれかなのですが、どちらからも遠いのでタクシーを使うことになります。

ただ、昨年度は「袖ヶ浦駅」から臨時のシャトルバスが出ました。


料金は中学生以上500円、小学生以下は250円です。

こちらを利用するのなら、遅延などを見越して早めの便を利用しましょう。

車を利用する場合は、館山自動車道の「姉崎袖ヶ浦」インターチェンジを利用します。

高速道を下りた後は突き当りを右折、そこから3キロ走らせるとつきます。

イルミネーション目当ての客で道路が混みあいますので、こちらも早め早めの移動を心掛けてください。

イルミネーション期間中は、車でアクセスした場合は入場料が無料になります。

ただ、駐車料金が2000円かかります。

徒歩でアクセスした場合は1人500円の入場料を払うことになります。

前述したとおり徒歩といっても、タクシーやバスを利用する必要がある人が大半だと思われますので、どちらがお得かを考えたうえでアクセス方法を考えるべきでしょう。

さて、肝心のイルミネーションですが、まずはこちらの映像を見てください。



こちらは2015年度の様子。

見ていただいた通り、非常にカラフルでにぎやかな演出が特徴です。

特に映像の最後のほうに映っている、「光のトンネル」はぜひとも体感していただきたいポイントです。

またもう一つ必見なのが「3Dイルミネーション」。



平面に描かれているのですが、トリックアートの技術を利用して浮かび上がるようなイルミネーションを演出しているんですね。

他ではあまり見ることができない東京ドイツ村独特の演出です。

ぜひ観覧車に乗って上から眺めてみてくださいね。

スポンサーリンク


東京ドイツ村のおすすめ ドイツ料理と観覧車

image005
昨年度までとは違い、昼間の入場料金も夜と変わらなくなった東京ドイツ村。

せっかくですので、一日中東京ドイツ村で遊ぶのも一つの手です。

夕方以降は道路も混んでしまうので、渋滞に巻き込まれたくない人は、ぜひとも昼間からアクセスしてみましょう。

イルミネーションの季節だともうあまり花は残っていないと思われますが、アトラクションで楽しむことは十分可能です。

それほど規模は大きくないものの、小さいお子様でも安心して楽しむことができるアトラクションがそろっているんです。

おすすめは房総半島を一望できる大観覧車

晴れた日には東京方面もくっきり見渡すことが出来、運が良ければ富士山を見ることができるかもしれません。

おなかが空いたらレストランで食事をしましょう。

ドイツらしくドイツビールとソーセージのバーベキューもいいですし、カフェテリアでドイツ料理を楽しむのもよさそうです。

ぷりぷりのソーセージは、ぜひとも焼きたてを召し上がっていただきたいおいしさですよ。

まとめ

東京ドイツ村のイルミネーションは、なんといっても東京ドーム27個分の敷地に敷き詰められた壮大な演出が魅力でしょう。

あまりに壮大すぎて、途中から夢の国に来たかのようなふわふわした気持ちになってしまうほどです。

また、一年ごとにテーマが決められているので、年によって演出や雰囲気が異なります。

そのため一度見に行った人でも十分楽しむことができますよ。

ちなみにドイツ村は車で入場でき、広大な敷地の各所に駐車スペースが設けられています。

疲れた時は車内から、ぼんやりとイルミネーションを見るという贅沢な楽しみ方もできるんです。

広い園内はぐるりと回れば1時間半ほどかかりますが、せかせかするのは少しもったいないかもしれません。

こんな時こそゆっくりとイルミネーションを眺めるのもよさそうですね。


スポンサーリンク


-イルミネーション