お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

ベトナムフェスタin神奈川2016の日程・場所や見どころのまとめ

2016/10/20

神奈川県とベトナムは、近年急速に親交を深めています。

そんな両者の繋がりをさらに深めるために、年に一度ベトナムフェスタin神奈川が開催されます。

2016年は知っているようで知らないベトナムへの知識を深め、様々な人と出会うために、ベトナムフェスタin神奈川に参加してみませんか?

今回はベトナムフェスタin神奈川の概要や開催日時などをご紹介します。

スポンサーリンク


ベトナムフェスタin神奈川ってどんなイベント?

image001
実は神奈川県は、日本でも最大級のベトナムタウンがある場所なんです。

ベトナムの商品を扱うお店がたくさんあったり、ベトナム語の標識が普通にある場所もあります。

40年以上も前から、神奈川の人たちはベトナムの人々と当たり前のように暮らしていたんですね。

特に最近は留学生の増加などを受け、両者の親交はさらに深いものへと変わっていっています。

そこで神奈川とベトナムの相互理解をさらに深めようと始まったのが、「ベトナムフェスタin神奈川」というわけなんです。

このイベントではベトナム文化の紹介やワークショップ、講演会などが実施されてきました。

2016年度は何が行われるかは未定ですが、今からとても楽しみですね。

開催日程と会場へのアクセス情報

image003
2016年のベトナムフェスタin神奈川は10月28日(金)経済プログラムが、29日(土)と30日(日)文化交流プログラムが行われます。

28日(金)に行われるのは、商談会や留学生と企業の交流などのビジネスイベントですので、ここでは触れないでおきます。

29日(土)と30日(日)の二日間日本大通りから神奈川県庁本庁舎にかけての範囲が会場になります。

みなとみらい線の「日本大通り駅」が最寄り駅で、駅から出ればすぐそこでイベントが行われているのですが、JR京浜東北線か横浜市営地下鉄の「関内駅」からでもアクセスが可能です。


この場合は10分ほど南西に歩く必要があります。

スポンサーリンク


ベトナムフェスタin神奈川の見どころ

image005
ベトナムと日本は古代から交流がありますが、同じく付き合いの古い中国や韓国と比べれば、具体的な「ベトナム文化」というものを想像しにくいのではないでしょうか。

日本でよく知られているベトナムのものといえば、女性の伝統衣装であるアオザイや、麺料理のフォーなどでしょうか。

でもまだまだ、魅力的なベトナム文化はたくさんあるんですよ。



29日と30日の文化交流プログラムでは、メジャーなものからディープなものまで、様々なベトナムの顔を見ることができそうです。

現在実施が決定しているのは去年度大盛況だった伝統的な水上人形劇や、実際にベトナムの伝統工芸を作ることができるワークショップなどです。



他にも屋台が100店舗前後立ち並ぶなど、見ているだけで飽きそうもないイベントになりそうですね。

ぜひ1日かけてベトナムフェスタを体感してくださいね。

まとめ

東南アジアはヨーロッパほど遠くもなく、かといって韓国や台湾ほど気軽に行くこともできないので、近いようで遠い地域といった印象があります。

文化も経済も常識も、日本のものとは大きく違っている面もたくさんあります。

だからといって奇異な目で見たり敬遠するのはもはや時代錯誤といっていいでしょう。

個人でも気軽に国境を超え、異国に交わることができる現代は、むしろ積極的に他国の文化やあり方を受け入れる態度が求められると言えそうです。

ベトナムフェスタin神奈川は、日本にいながらにしてそのような視点を与えてくれるまたとない機会と言えそうです。

ベトナムや東南アジアへの知識を深めたい人や、グローバルな視点を得たい人はぜひとも参加してみてくださいね。

スポンサーリンク


-イベント
-, , , ,