お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

紅葉

香嵐渓の紅葉は2016年はいつの時期が見頃?ライトアップも紹介!

2016/10/20

全国津々浦々、様々な紅葉の名所がありますが、愛知県の香嵐渓の紅葉ほど変わった由来を持つ名所は珍しいです。

江戸時代の初め、香積寺(こうじゃくじ)の和尚さんが般若心経を一つ読むたびに一本の木を植えたと伝わる香嵐渓(こうらんけい)の紅葉は、その後地元の人たちによって管理され、今に至っています。

はるか昔から人の手によって地道に守られてきた紅葉を見に行きませんか?

今回はそんな香嵐渓の紅葉をご紹介します。

スポンサーリンク


香嵐渓の紅葉の見頃と紅葉まつりの時期は?

image001
香嵐渓の紅葉は毎年11月中旬から下旬にかけて見頃を迎えます。

見頃の時期に合わせ、香嵐渓では「香嵐渓もみじまつり」を開催。

こちらは11月いっぱいが開催予定で、期間中は紅葉や香嵐渓に因んだ多くのイベントが開催予定です。

せっかくですからおまつりの期間内に紅葉狩りに行くのがよさそうですね。

香嵐渓の紅葉の見どころとライトアップ

image003
香嵐渓の中心は飯盛山という小ぶりな山で、頂上からふもとにかけて、見どころがぎゅっと詰まっています。

周辺はどこもかしこも紅葉でいっぱい。

一日かけてぐるりと回るのがお勧めですが、特に見逃せないのが「待月橋」と「香積寺」です。


待月橋」は香嵐渓のシンボルともいわれる赤い欄干が特徴の橋です。

有名なのが緑、黄緑、黄色、橙色、そして赤と美しい五色のグラデーションに色づいた「五色もみじ」。

巴川の東側の岸、飯盛山方面にありますのでお見逃しなく。

香積寺」は香嵐渓が紅葉の名所となるきっかけとなったお寺ですね。

もちろん境内にもたくさんの紅葉があり、その数は4000本ともいわれています。

また、香積寺の参道にも注目してください。

道の両脇にぎっしりと植えられた紅葉は、しなった枝がアーチのように頭上にかかっていることから、「もみじのトンネル」と呼ばれて親しまれています。

また、せっかく香嵐渓に来たのであれば、絶対に見逃せないのが日没後に始まるライトアップです。



飯盛山や待月橋など、紅葉の名所がライトアップされるのですが、どの紅葉も昼間とは打って変わって、とても幻想的な表情を見せてくれます。

どうせなら昼間から香嵐渓で遊び、昼と夜両方楽しんでみるのがおすすめです。

ライトアップの期間はもみじまつりと同じ11月いっぱい。

時間は日没から21時までです。

スポンサーリンク


アクセスと駐車場情報

image005
香嵐渓はやや公共交通機関が少ない印象です。

特にライトアップを見に行くのなら、帰りのバスがありませんので、車を使った方がよさそうです。

電車の最寄り駅は名鉄の「豊田市駅」です。


そこから名鉄バスに乗り換え、「足助」へ向かいましょう。

45分ほどで到着します。

他にも「浄水駅」、「東岡崎駅」、愛知環状鉄道の「愛環四郷駅」からもバスを利用することができます。

とよたおいでんバス」を使うならば「さなげ足助線」の「百年草行」ゆきに、名鉄バスを使うなら「足助」ゆきに乗りましょう。

車でアクセスする場合は、まずは国道153号線に入り、そこから豊田市足助町を目指します。

足助町の南が香嵐渓です。

最寄りのインターチェンジは「豊田勘八」、「力石」、「豊田松平」のいずれかになります。

ただ、車でアクセスする場合について回るのが駐車場の問題。

香嵐渓は全国的にも有名な紅葉スポットで、かつバスではなかなかアクセスしにくい立地にあるため、ハイシーズンはとにかく渋滞との戦いになります。

駐車場も一瞬で埋まってしまうので、とにかく早めに香嵐渓に着いておきましょう。

駐車料金はどの駐車場も一律一日で1000円のようです。

ちなみに観光客が多い土日祝日には、臨時の駐車場が解放になります。

足助小学校、足助中学校、足助グラウンドの三か所で、いずれも常設の駐車場よりもスペースがたくさんありますので、土日祝日に行くのならこちらの駐車場を狙うのがお勧めです。


平日に行くのなら200台停めることができる宮町駐車場がおすすめ。

紅葉狩りスポットから一番近い日町第二駐車場70台しか留めることができないようなので、早朝に行く人以外はあまりあてにしない方が無難です。

飯盛山は穴場スポット

香嵐渓に紅葉狩りに行くのであれば、是非立ち寄っていただきたい場所があります。

それは、飯盛山

香嵐渓の中心ですね。

実はここ、他のスポットと比べ立ち寄る人がとても少ない、いわば穴場スポットなんです。

香積寺の中から山道が伸びていて、そのまま頂上まで登ることができます。

飯盛山は標高254メートルと、それほど大きな山ではありません。

なので、20分くらいで登り切ることができます。

低い山といっても、頂上から見下ろす景色は格別です。

眼下に広がる紅葉や遠くに見える足助の町を、ぜひ心に刻んで下さいね。


スポンサーリンク


-紅葉
-, , , , , , , , ,