お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

記念日

漢字の日の由来とは?2016年の今年の漢字を予想してみよう!

2016/10/15

年の瀬が近づく12月は一年のことを振り返る機会が増えますよね。

今年がどんな日だったかを漢字一文字で表す「今年の漢字」イベントが行われる12月12日は「漢字の日」となっていることをご存じでしょうか。

清水寺の貫主にならって、自分だけの「今年の漢字」を決めるのもいいかもしれませんね。

今回はそんな漢字の日をご紹介します。

スポンサーリンク


漢字の日とは?

image001
12月12日が「漢字の日」になったのは、今から21年も前の1995年のことです。

制定したのは漢検などを実施している「財団法人日本漢字能力検定協会」で、「いい(1)字(2)一(1)字(2)」のごろ合わせによって決められました。

この言葉には、毎年良い字を一文字くらいは覚えてほしいという願いが込められているとか。

またこの日は、日本語という言語を構成するうえで欠かせない要素となっている漢字の意義を通じ、日本文化をより深く感じることが目的の日となっています。

今年の漢字

image003
漢字の日に行われるイベントの中で最も有名なのが、清水寺で行われる「今年の漢字」イベントでしょう。

今年一年を振り返ってもっともふさわしい漢字を公募で選び、貫主が直接筆をとって公表します。

ニュースなどで、筆を大きく使ってダイナミックに書きつける、貫主の姿を見たことがある人も多いのではないでしょうか?



ニュースの動画を発見したのでご紹介します。

清水寺の貫主さんはもうご高齢ですが、筆を振るう姿はどこかかっこいいですね。

ちなみにあの文字はイベント後、清水寺のご本尊である「清水型十一面千手観音像」に奉納されるそうですよ。

スポンサーリンク


ところで、去年は何という文字が選ばれたか覚えていらっしゃるでしょうか?

下の表にここ5年の漢字をまとめてみました。


漢字選ばれた主な理由(一部)
2015年安 人々が「安」心「安」全を求めた年だから
2014年税 17年ぶりに消費「税」が上がった年だから
2013年輪 富士山の世界遺産登録、東京オリンピックなど人々が「輪」を作って喜ぶようなニュースが多い年となったから
2012年金 スカイツリーの完成やロンドンオリンピックでの偉業など、様々な「金」字塔が打ち立てられた年だから。
2011年絆 東日本大震災など多くの災害があったことで、人々の「絆」を再確認するきっかけになった年だから。

こうしてみると、いろんなことがあった5年間だとしみじみしてしまいます。

2016年もあと少しですが、どんな漢字が選ばれるのか今から考えてみるのも面白そうですね。

2016年のニュースといえば、熊本地震、リオデジャネイロオリンピックやマイナンバー制度発足、18歳に選挙権などが主なものになりそうですが、ここから漢字をひとつだけひねり出すのもなかなか難しそうです。

振り返れば色々あった2016年ですが、できればポジティブなイメージの漢字が選ばれてほしいですね。

まとめ

漢字はもともと中国から輸入された言葉で、日本人が独自に生みだしたものではありません。

しかし現代、漢字のない生活なんて考えられませんよね。

漢字を使わずに済ませる文章や広告はほとんどありませんし、そもそも同音異義語が多い日本語を混乱なく使うためには漢字が必要不可欠です。

また、あらゆる意味をたった一文字に込めることができるというのも、漢字の大きな魅力です。

漢字の日は、このような漢字の意義や魅力を振り返るいい機会になりそうですね。

スポンサーリンク


-記念日
-,