お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

紅葉

東福寺の紅葉の2016年の見ごろ時期は?ライトアップは別の場所?

2016/10/20

京都市東山区にある東福寺は、臨済宗の主要なお寺というだけでなく、紅葉の名所としても名高いお寺です。

特に夜間開放時期のライトアップは京都でも屈指の美しさです。

今回は、2016年の東福寺の紅葉の見どころやライトアップの日時についてご説明します。

スポンサーリンク


東福寺の紅葉の見ごろ時期は?

image001
東福寺の紅葉は例年11月の中旬ごろから見られるようになり、11月下旬から12月上旬にかけて見頃を迎えます。

境内には2000本を超える楓の樹があり、それが一斉に色づく11月末は、多くの観光客でにぎわいます。

紅葉といえば名の通り真紅に染まる葉を想像しがちですが、東福寺の紅葉は黄金色であるのが特徴です。

昔宋の国から伝わったという通天紅葉はその色に加え、葉の先が三つ又に分かれているのが特徴。

ぜひ探してみましょう。



ちなみに東福寺自体の参拝料は無料なのですが、一番の名所である通天橋を通るには有料のチケットが必要です。

橋付近だけでなく、JRの最寄り駅である「東福寺駅」で購入ができますので、事前に買っておけばスムーズに見ることができそうです。

ライトアップの開催時期と点灯時間

image003
美しい紅葉で有名な東福寺ですが、実はライトアップされるのは東福寺ではないんです。

東福寺のすぐ近くに勝林寺と天得院という二つの東福寺の塔頭があるのですが、ここの紅葉がライトアップされるんですね。

なので、間違えて東福寺に行かないように注意が必要です。


勝林寺の紅葉のライトアップは日没から19時30分まで。

ただし受付は19時までです。



拝観料600円で、紅葉だけでなくお寺の秘仏など様々な文化財を楽しむことができます。

期間は11月19日(土)から12月4日(日)の予定です。


天得院は桔梗でも有名なお寺です。

11月15日(火)から11月30日(水)まで、境内で食事をしながら紅葉を眺めることができます。

お昼やおやつの時間にも同様のプランがありますが、どうせなら夜、ライトアップの紅葉を見ることをお勧めします。



時間は17時から19時まで。

一人4000円、鑑賞には予約が必要です。

スポンサーリンク


アクセスと駐車場情報

image005
東福寺に限らず、京都の観光地は地下鉄やバスがほぼ網羅しているといってもよく、渋滞や駐車場のことを考えると、公共交通期間を利用したほうが楽しめるはずです。

東福寺へはJR奈良線の「東福寺駅」が最寄りです。


市バスを使う場合は202、207、208号系統のいずれかを使えば最寄りのバス停「東福寺」に連れて行ってくれます。

紅葉の季節は8時30分から16時30分が開放時間です。

勝林寺は道路を一本挟んですぐ北、天得院はすぐ西にあります。

車でアクセスする場合は、まずは「京都駅」を目指しましょう。

そこから南東、鴨川を渡った先に東福寺があります。

東福寺には、普段は参拝客用の駐車場があるのですが、紅葉の季節は封鎖されています。

そのため、付近の有料パーキングを利用するしかありません。

最寄り駅である「東福寺駅」周辺には大小様々な有料パーキングがあるので、空いているところを探してみましょう。

まとめ

東福寺は結構大きなお寺ですが、その分紅葉の名所がたくさんあります。

谷を見下ろせばたくさんの紅葉した樹が見えたり、池に紅葉が映りこんでいたり、苔の緑に紅葉の赤が美しく映えていたり……

観光客はとても多く、たいへん混雑するものの、一度は見ていただきたい絶景がそこかしこにあります。

朝早くに参拝する、土日はあえて外すなどすれば人の多さは大分緩和されますので、ぜひ東福寺まで足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク


-紅葉
-, , , , , , ,