お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

紅葉

六義園の2016年の紅葉ライトアップの開催期間と点灯時間は?

2016/10/20

東京の郊外には紅葉の名所が数多くありますが、わざわざ足を延ばさなくても、東京都内で紅葉を楽しめるところはたくさんあります。

東京都文京区の六義園の紅葉は、ライトアップがとても幻想的でおすすめです。

今回はそんな六義園の紅葉をご紹介しましょう。

スポンサーリンク


六義園の紅葉の見ごろと楽しみ方

image001
六義園の紅葉の見ごろは、11月中旬から12月上旬。

ライトアップも見ごろの時期に合わせて行われます。

江戸時代を代表する庭園の一つである六義園は、池や山など様々な自然を楽しむことができ、それらと紅葉が作り出す幻想的な風景は素晴らしいの一言です。

庭を漠然と見て回るのではなく、そういった背景にも注目して回ると、より紅葉の美しさを楽しめますよ。



また、六義園の広い園内にはお茶や軽食を楽しめるお店がいくつかあります。

しばし時を忘れ、ゆっくりと休憩しながら紅葉を眺めるのもおすすめです。

この時期のお茶請けは紅葉の葉っぱの形をしていて、すごくかわいいですよ。

ライトアップの開催時期と点灯時間

image003
2016年度のライトアップの時期は、11月19日(土)から12月7日(水)まで。

期間中は入場時間も延長され、9時から21時まで園内を散策することができます。

ただし入場は20時30分までなので、あまりぎりぎりにならないように注意してくださいね。

点灯時間は日没から21時までです。

また、園内の茶屋である、もみじ茶屋と抹茶茶屋も営業を延長します。

軽食ができるもみじ茶屋は20時まで、お土産も売っている抹茶茶屋は20時30分までです。

スポンサーリンク


アクセスと混雑情報

image005
六義園は豊かな自然を残しながらも、都会の中心に位置しており、オフィス街からのアクセスもらくらくです。


東京メトロ南北線「駒込駅」、もしくは都営地下鉄三田線の「千石駅」が最寄りです。

ちなみに観覧には入場料がかかります。

中学生以上が300円、65歳以上の方は150円でチケットが購入できます。

実は六義園は桜など季節の花が一年中楽しめるスポットでもあります。

庭巡りがお好きな方は、年間パスポートを手に入れておくのもいいかも知れません。

六義園の紅葉は「紅葉の名所ランキング」堂々の2位。

多くの人が楽しみにしている紅葉スポットと言えそうです。

六義園の入場券を買うためには、行列を覚悟すべきでしょう。

ただ、平日や日没前(~17時)ごろ、もしくは20時以後はピーク時期に比べて若干人は少ないです。

どうしても並びたくない方や混雑が嫌な方はその時間を狙ってみてください。

また、チケットの購入場所は実は正門と染井門の二か所あるので、空いている方を利用するのもありですね。

まとめ

六義園は、ライトアップも素敵なのですが、お昼に行われているガイドツアーに参加することで、より庭園への理解を深めることができるんですよ。

毎日11時からと14時からの二回行われていて、約一時間で庭園内をぐるりと散策します。

参加費などはかからないのでお気軽に試してみてくださいね。

また、ライトアップの時期は16時ごろに入園し、ゆっくりと見て回ることで昼の紅葉もライトアップの紅葉も一緒に楽しむことができるという裏技もあります。

お時間のある方はぜひ試してみて下さいね。


スポンサーリンク


-紅葉
-, , , , ,