お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イルミネーション

京都嵐山花灯路2016の期間と点灯時間は?竹林ライトアップは必見

2016/10/20

古都京都は近代的な観光都市でありながら、古の空気を楽しめる二つの顔を持った観光地です。

そんな京都の華やぎを楽しめるのが京都嵐山花灯路(はなとうろ)です。

2016年ももう大詰め、今年最後の思い出作りに京都へ行ってみませんか?

古き良き京都の新しい魅力を発見できるかもしれません。

今回は京都嵐山花灯路をご紹介します。

スポンサーリンク


京都嵐山花灯路の開催期間と点灯時間

image001
2016年度の京都嵐山花灯路は、12月9日(金)から18日(日)に開催されます。

点灯時間は毎日変わらず午後5時から8時30分まで。

土日のみしか通行できないスポットや、土日には一方通行になる箇所などもありますので注意してくださいね。

嵐山は京都を代表する観光地で、訪れたことがあるという方も多いと思います。

しかし、花灯路の時期はほかのどの季節のものとも違う、幻想的な魅力を体験することができるでしょう。

道中だけでなく渡月橋や野宮神社なども美しくライトアップされます。

どこも違った表情を見せてくれるはずですので、昔言ったことがある観光所にもう一度行ってみるのもおすすめです。



会場を全部めぐるとだいたい5キロほどの道のりになりますが、ぜひとも全部見るつもりで参加してください。

アクセスと駐車場情報

image003
京都は年中観光客であふれていますが、そんな京都の中でも嵐山は一二を争う人気観光地です。

花灯路は嵐山をただ散策するだけでなく、美しくも幻想的な光景を味わうことができるということで、とても人気の高いイベントです。

つまり花灯路の時期の嵐山は、とても混みます。

そのため、できれば公共交通機関を利用したほうがいいと言えます。

それもバスではなく電車の利用がお勧めです。

とにかく道が混みあうんですね。

嵐山には阪急電車「嵐山駅」、京福電車「嵐山駅」、JR「嵯峨嵐山駅」の三つの駅があるうえに、このうちどれを使ってもすぐに花灯路の会場まで行くことができてとても便利です。


特に阪急とJRは駅からおりたところからすでに花灯路が始まっているのでおすすめです。

ただ、どうしても車で行きたいという方もいらっしゃると思います。

花灯路の時期は渡月橋のすぐ傍にある「嵐山観光駐車場」の開放時間が延長されますので、駐車場としてはここを利用することができます。


ただこの駐車場は105台も駐車スペースがあるかなり大きなものなのですが、はっきり言ってぜんぜん足りません。

ここに停めることができたとしたら相当ラッキーです。

そのため、車を使うのならば別の駅に近いところに停め、一駅ほど電車を利用するのが一番賢いと言えます。

スポンサーリンク


京都嵐山花灯路の見どころ 竹林ライトアップ

image004
花灯路のルートには、生け花と光がコラボレーションしていたり、渡月橋や有名な神社仏閣がライトアップされていたりと、どこを見ればいいのかもわからないほど見どころが満載です。

ただ、ここだけは絶対に抑えておくべきポイントを一つ紹介しておきましょう。

それは「竹林ライトアップ」。

嵐山の中でも静謐な雰囲気と静けさが人気の「竹林の道」ですが、ここのライトアップは必見なんです。

場所は「野宮神社」と「大河内山荘庭園」のちょうど真ん中に当たります。

ちなみにこの二か所もまたライトアップが美しいのでぜひとも見ていただきたいポイントです。

ただ超有名なスポットでもありますので、早めにいかないと混雑して見るものも見れなくなってしまいます。

ゆっくりと楽しむために、できれば開催初日と土日は外し、時間も早めに見に行くようにしましょう。

まとめ

京都嵐山花灯路のイルミネーションは、いわゆる派手さというものはあまり感じられません。

明かりの数も道の長さに比べれば控えめですし、色とりどりの電球が使われているというわけではありません。

しかし、実際に参加してみるとたしかに感動するはずです。

それは、嵐山という世界の魅力を、イルミネーションを使って表現することに成功しているからだと言えます。

今まで気づいていなかった新しい嵐山の魅力に触れることもできるはずです。

イルミネーションで感動したい人、京都の魅力を再発見したい人はぜひとも京都嵐山花灯路に足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク


-イルミネーション
-, , , , , , ,