お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イルミネーション

仙台光のページェント2016の期間と点灯式!ピンクの電球とは?

2016/10/20

仙台市では12月になると、美しい光が町中を彩るようになります。

仙台光のページェントは2016年に31回目を迎え、すでに毎冬の恒例イベントとして市民に愛されています。

今回はそんな仙台光のページェントの見どころや日程などをお伝えします。

スポンサーリンク


仙台光のページェントの点灯式

image001
2016年の仙台光のページェントは、12月9日(金)から31日(土)にかけて行われます。

どの日に参加してももちろん楽しめるはずですが、予定が合うのならぜひとも参加していただきたいのが、初日に行われる点灯式です。



2016年は12月9日の17時10分から開催予定となっています。

せんだいメディアテーク前・緑道の両脇にあるケヤキ並木が、カウントダウンに合わせて一斉に点灯する瞬間はまさに感動的です。

毎年豪華なゲストが登場するのも話題で、2015年度にはMay J.さんが登場しました。

今のところ2016年は誰が来るのか発表されていませんが、今からすでに楽しみですよね。

アクセスと日程・点灯時間

image003
開催日程は先ほどお伝えした通り12月9日から31日ですが、曜日によって点灯時間が少し違います。

日曜日から木曜日は17時30分から22時、金土と12月22日(木)は17時30分から23時までです。

また、最終日にあたる12月31日(土)は17時30分から24時までと、新年まで続く予定です。

ただ、開催時期は定禅寺通国分町の交差点が交通規制区域になってしまうので、車でアクセスする際は気を付けてください。

イルミネーション会場の最寄り駅は、地下鉄南北線の「勾当台公園駅」です。


仙台市民以外には聞きなれない駅名ですが、JR仙台駅の西口から地下鉄に乗りかえればすぐに着けるはずです。

車でアクセスする場合は東北自動車道の「仙台宮城」インターチェンジから西道路に入ります。

県庁、市役所方面へ向かえば会場付近に入れますが、前述のとおり交通規制がかかっている区域があるので、そこに入り込まないようにご注意ください。

スポンサーリンク


スターライト・ウインクとピンクの電球の噂

image005
点灯式に参加できなかったとしても、ケヤキ並木が一斉に点灯する感動的なシーンを見られないわけではありません。

仙台光のページェントでは、日に三回、電球をいったんすべて消した後で再点灯を行います。

このイベントは「スターライト・ウインク」と呼ばれ、毎日18時、19時、20時に行われますので、どうせならこの時間帯を狙ってみたほうがいいかもしれません。

ただ、この時間帯はどうしても人混みが多くなってしまいますのでご注意ください。

ところで、仙台光のページェントにはとある不思議な噂があるんです。

仙台光のページェントで使われる電球は、その年の景気に左右されるものの、ここ数年はだいたい60万個ほどだと言われています。

使われている色はすべて白一色に統一されているはずでした。

しかし、2009年ごろから、「一つだけピンクの電球があった」という話がささやかれ始めたんです。

噂の真偽はさておき、60万個の中からたった一つの電球を見つけることができれば、すごくいいことが起こる予感がしてしまいますよね。

仙台光のページェントに行かれたときは、ピンクの電球を探してみるのも面白いかもしれませんよ。

まとめ

仙台光のページェントは、実は市ではなく市民が主導して行うイベントでもあるんです。

なんと、毎年の企画はもちろん、資金の調達も半分は企業や市民の寄付から成り立っているんですよ。

2016年には31回目の開催になるなどとても長いイベントにもかかわらず、いまだに有志の力が中心となって運営されているのは、仙台光のページェントが始まったきっかけに起因しているんですね。

かつては「杜(森)の都」と呼ばれていたほど自然豊かだった仙台は、戦争の時に爆撃にあい、象徴だった森が焼けてしまいます。

しかし市民らの手によって定禅寺通りにケヤキ並木ができました。

これが新しい仙台の森だ、と市民は喜びます。

しかし、かつての豊かな森を失った結果、仙台は砂だらけの状態。

せっかくのケヤキ並木も砂で汚れてしまったんです。

新しい仙台の象徴を何としてでも美しく見せたい。

そう思った市民たちは、特に汚れがひどい冬に、イルミネーションを施すことを思いつきます。

この際、仙台市ではなく市民一人一人が立ち上がったからこそイルミネーションは成功し、そして仙台の風物詩にまで成長できたというわけですね。

仙台光のページェントに行かれる際は、その光の一粒一粒が仙台市民の手によって光っているということを思い返しながらイルミネーションを楽しんで下さいね。

スポンサーリンク


-イルミネーション
-, , , , , ,